Loading...
JVC
JVCヘッドホン総合情報サイト「Draw your sounds!」

Draw your sounds!

インタビューvol.8 ベリーグッドマン

INTERVIEW > Vol.08 ベリーグッドマン × WOOD FW7
Q.1
みなさん、初めまして!こんにちは。 簡単にメンバーのご紹介をお願いします!
Rover:
ベリーグッドマンのリーダー、Roverです。
MOCA:
リーダ狙ってます、MOCAです。
Rover:
今後ともご鞭撻をお願いします、Roverです。
(※取材時、HiDEXさんは欠席)
Q.2
グループ名「ベリーグッドマン」に込められた意味を教えてください。
Rover:
ベニー・グッドマン(クラリネット奏者/スウィングジャズの代表的存在)から来てるんですけど。僕とHiDEXは中学生の時に吹奏楽部で、ビッグバンドでよくベニー・グッドマンの曲の演奏をしていて、ジャズが好きでそのリスペクトと、黒人音楽で白人が一世風靡したという彼の独創性だったり、大阪人が全国でてっぺんとるぞ!という想いも重ねていて、あとはBGMになっていくぞ!という、そういう意味で付けました。軽く言うと、HiDEXが海外ドラマの悪徳弁護士のグッドマンから取りました、というのもあります(笑)。
Q.3
ベリーグッドマンとはどんなグループですか?
MOCA:
個性がバラバラな3人が集まったダンス&ボーカルユニットです。
Rover:
ダンスしたことないわ。
MOCA:
ちゃうか(笑)、3人組ボーカルユニットです。
Q.4
最近の活動と今後の予定を教えてください。
Rover:
10月4日に5枚目のアルバム『SING SING SING 5』をリリースします。秋は、アルバムの発売記念イベントや文化祭などを廻らせて頂いて。あとは無料ライヴも全国47都道府県を細かく廻って行かせてもらっています。今年の集大成が年末年始のホールツアー(“てっぺんとるぞ宣言”ツアー2017-2018 ~超好感男と貴方~)かなと思っています。
Q.5
ライヴは年間にどれくらいの本数をやっているんですか?
MOCA:
それ1回ちゃんと数えてみようってことになったんですけど。毎週土日が全部埋まってたら、月8本ぐらい? だから年間で100から120は確実にやってるかなと思いますね。平日のインストアとか入れたら、150ぐらいいくか。どんどん増えていってるよね?
Rover:
次のホールツアーは4ヵ所5公演なので、ちょっと本数は少ないんですけど、けっこうやってるほうだとは思います。ライヴを軸に活動しているのは変わらないですね。
Q.6
普段はどんな曲を聴きますか?
Rover:
移動中とか新幹線で聴いてたりするのは、ゆったりした音楽です。STEVIE WONDERのライブ盤とか、Hip HopだったらA Tribe Called Questとか、流行りのThe Chainsmokersも聴いてます。あと勉強で聴くのは玉置浩二さん。自分たちの今作ってる曲も聴いたりします。
MOCA:
僕は移動中はけっこうパーティチューンというか、EDMを多く聴きます。家にいる時は、ゆったりな曲を聴いていて、最近はトラップというか、Hip HopとEDMの合体したちょっとテンポが遅いヤツとか、ジャマイカのレゲエも聴くようにしてます。FIRE BALLとか、ジャパニーズレゲエのアーティストは10年間ぐらい聴いてなかったんですけど、今また一周して聴いていて、かっこええなぁっと思ったりしてます。
Q.7
普段はどんなイヤホンやヘッドホンを使っていますか?
Rover:
イヤホン派で。普通のiPhoneのイヤホンを使っています。Bluetoothタイプはいいなぁと思ったことはあります。でも、なくしそうで怖いというか。今は線があるヤツで(笑)。
MOCA:
僕は基本的にはイヤホンではなくて“スピーカーで聴く”ようにしてます。というのも、音が鳴って空気を伝わって聴く感じがむっちゃ好きで、けっこう爆音で聴きたいので、あんまりイヤホンで聴く習慣はなかったです。でもiPhoneが出てからは、移動中とかはiPhoneの純正のイヤホンを使って聴いてますね。
Q.8
今回、選んで頂いたJVCのインナーイヤーヘッドホンWOOD FW7(HA-FW7)についてお聞かせください。
Rover:
僕、元々弾き語り上がりというか、アコギで弾くスタイルをずっとやっていたんです。最近、1960年代ぐらいのビンテージのアコギを買ったんですけど、その“生音”が大好きで。アコースティックと言うだけあって、音響というか、振動が僕は好きなんですけど。このイヤホンも“木の美しい響きと自然な音の広がり”を意識しているというのがいいなと思いました。色は……普段けっこう黒っぽい服を着ることが多いんですけど、茶色って秋もイケるけど、冬っぽさも感じさせるし。僕の人生において、茶色のイヤホンは手にしたことがなかったので、珍しいので、茶色を選んでみました。
MOCA:
僕はゴールドが好きなので、ゴールドがアクセントの茶色と迷いました。白ってすぐ汚れそうだけど、ちゃんと磨いたりして、“常に新品使ってますよ”みたいな感じに見せたいので(笑)、白を大事に使おうかなと思って、この白を選びました。
Q.9
試聴して頂いた感想をお聞かせください。
Rover:
先ほど話したアコースティックの音、振動感がほぼそれに近いというのが最初に思ったことですね。さすが気を遣ってるだけあるな、というか。ヒップヒップも聴いてみたんですけど、しっかりベースのアナログ感も伝わるし、最新のEDMもちゃんと音の区別がはっきりしていて雑味がない。けど、温かみがある。そんな感じに聴こえました。
MOCA:
音のことはRoverがほぼ全部言ってくれたので、フィット感が僕はびっくりしました。持った感じは、“あ〜軽いかも?”ぐらいやったんですけど、付けた時に軽さが全然違うなと思って。僕はこういう密閉タイプはしてこなかったんですよ。というのも、閉鎖的になってちょっと怖いというか、で、そこに重さがかかると、体調が悪くなる感じもあって。でもこれはめちゃ軽くて、“今、付けてるか?”みたいな、付けているのを忘れるぐらいで。愛用させてもらおうと思います。
Q.10
みなさんにとって、イヤホン・ヘッドホンの存在は? 役割は?
Rover:
僕は音楽も聴くんですけど、ラジオも聴くんですよ。何か聴いてないと落ち着かないんで。だからいつもぞばに持ってないと不安になるというか。自分のアーティスト性を磨くためのひとつのツールではあるなと思いますね。
MOCA:
電車に乗るときとか、イヤホンで音楽を聴いてたら、いきなり自分の世界に入り込めて、人生の主人公感みたいなのを感じられるじゃないですか。今の自分にマッチングしてる曲やったら、“ツラいこと多いけど頑張ろう”というモードになってポジティブな感じになれるのがいいなと思ってますね。あとは、どこにおっても、一瞬でその場所にワープできる。南国感のある曲が鳴ってたら、ほんまにそこにおるような感覚になれるし。イヤホンはイヤホンの楽しみ方があるので好きです。
Q.11
最後に、音楽ファンのみなさんにメッセージをお願いします。
Rover:
僕たちは音楽を作る人間として、一番いい状態で曲を聴いてもらいたいというのがあるので、そういういい環境を手に入れることに対して、“ベリーグッドマンのためなら”と思ってもらえるようなアーティストになりたいなと思います。耳で感じられるものってすごくいろいろあると思うので、こういう機会を頂いて、改めてそういうことを考えるきっかけにもなりましたし、もっとみなさんの生活に僕たちの音楽が寄り添っていけたらなって思いました。
MOCA:
僕たちの音楽と出会って聴いてくれるだけでも、すごく嬉しいんですけど、実はわかるかわからへんかみたいな細かいところ……コーラスだったり、ボソボソ言ってたり、重ねていろいろ入れてたり、普通ではあんまり聴き取れなかったり、気づけなかったりという細かいこだわりもあって。ハイサウンドで聴くと、“あ、こんなところでこんなん言ってんねや” “HiDEXが歌ってるところでRoverがハモってんねや”とかっていう新しい発見があったり、今まで聴いてきた曲も違う聴こえ方がすると思うので、そういう楽しみ方もしてほしいなと思います。
<HiDEXさんにも後日コメントを頂きました!>
Q.1
普段はどんなヘッドホン(またはイヤホン)でどんな曲を聴いてますか?
HiDEX:
普段はiPhoneに付属しているものや、UEのモニターイヤホンを使ってます。
Q.2
今回のイヤホンWOOD FW7(HA-FW7)で試聴して頂いた感想は?
HiDEX:
低音が出すぎないので長時間つけていても疲れないなと思いました。かと言って低音が出なさすぎでもなく、ほどよく広がりがあり好きでした。高音がシャリッとしているのにWOODのおかげかそこまで痛い感じではなく気持ちよかったです。



photographer:下田直樹
cooperation:

B-PASS11月号(9/27発売)にベリーグッドマン インタビュー掲載中
ARTIST
artist_profile

ベリーグッドマン

2013年に結成した大阪出身の3人組ボーカルユニット。温かくて親しみやすい歌詞とメロディーが共感を呼び、これまで応援ソングやラブソングなど多くのタイアップ曲を世に送り出している。ヒップホップ、アカペラ、ポップス、レゲエ、ダンスなどをミックスさせた独自の楽曲で若者を魅了。大阪中心に絶大な人気を誇る話題のボーカルユニット。

メンバーは、リーダーのRover(ロバー):Vo,Gt,Tp、MOCA(モカ):Vo,MC、HiDEX(ヒデックス):Vo,TrackMaker,Pf,Gt,Perc.の3人。2013年11月に結成し、2016年3月にシングル「ありがとう~旅立ちの声~」でメジャーデビュー。2017年12月29日(金)大阪・オリックス劇場から「“てっぺんとるぞ宣言”ツアー 2017-2018 〜超好感男と貴方〜」を開催予定。
>> 公式サイトはこちら



NEW RELEASE
  • SING SING SING 5

    2017.10.04
    初回限定盤 CD+DVD/UPCH-7356 ¥3,500+税
    通常盤 CD/UPCH-2137 ¥2,315+税

    >> 詳細はこちら
ARTIST CHOICE
artist_choice

WOOD FW7(HA-FW7)

自然の風合いをそのまま生かしたウッドボディと木の振動板が奏でるナチュラルサウンド。
>> 製品ページはこちら

how to choose