JVC JVCはビクターのグローバルブランドです。 洗えるビデオカメラで、アクティビティをもっと楽しもう!

Enjoy! Video Camera Enjoy! Video Camera

知って得する撮影テク

【 テンカラ釣り編/ワンダーフォーゲル 】

ワンダーフォーゲル

365日、山と遊ぶ登山者になろう
自由に山と遊ぶ人の登山情報誌「ワンダーフォーゲル」と「Everio R」がタイアップ。
山のアクティビティで「Everio R」の性能を実体験!果たしてその結果は?

Everio R × テンカラ釣り編

竿とライン、毛鉤で行なうシンプルな釣法、テンカラ釣り。
この春『源流テンカラ』(山と溪谷社)を上梓した
山岳紀行作家の高桑信一さんと、
福島県桧枝岐村の沢へ向かった。
さて釣果はいかに。

渓流釣りのメインシーズンが始まった6月中旬
イワナを求めてテンカラ釣りに出かけた。
竿とEverio Rを携えた、1泊2日の沢旅記録。

竿とライン、毛鉤で行なうシンプルな釣法・テンカラ釣り。この春『源流テンカラ』(山と溪谷社)を上梓した高桑信一さんと、福島県檜枝岐村の沢へ向かった。ご一緒する郁さんと私は、テンカラの竿を握るのも初めてだ。
沢旅を記録しようと、アウトドア仕様のハイビジョンメモリームービー「Everio R GZ-RX600」をお供にした。
毛鉤とラインを連結する、高桑さんの手元をズーム。「竿は12時まで振って、10時に止める」と習い、精密機械のように素振りする郁さんもばっちり収めた。準備万端、釣果はいかに。
まずは、村のキャッチアンドリリース区間で竿を出した。イワナに気づかれないよう距離をとり、上流へ向かって手前から打っていく。なかなか釣れず、清流にEverio Rを沈めてみる。上流を向き、みずみずしく泳ぐイワナ…ではなく、漂う藻が鮮明に映っていた。
1尾目を釣ったのは、なんと郁さん! 人生初の魚、とてもうれしそう。
そしていよいよ源流部へ。さすが…沢に入ると、高桑さんが次々に釣り上げた。画面越しのイワナは美しく、生命力にあふれていた。私も釣りたい。でも撮るのも楽しく、もどかしい。
その夜、のんびりと焚き火を囲みながら、再生ボタンを押してみた。
「おお。なかなかいいもんだね」
ふたりとも、笑顔で見入っている。思い出を肴に、楽しい夜がふけてゆく。


  • ワイドコンバージョンレンズ(別売り)を使えば広角撮影も。

  • フロートストラップ(別売り)で、水中に落としても浮いて安心。

  • 約5時間連続使用撮影可。モバイルバッテリー(別売り)で充電できる。

  • 防水・防塵機能 水中撮影ももちろんOK!

※モバイルバッテリー・コンバージョンレンズ等をカメラ本体に装着した状態で防水・防塵・耐衝撃等の保護性能の保証はできません。

pagetop

Enjoy! Video Camera