JVC JVCはビクターのグローバルブランドです。 洗えるビデオカメラで、アクティビティをもっと楽しもう!

Enjoy! Video Camera Enjoy! Video Camera

"エブリオな人たち"

エブリオな人たち

Vol.02
「TIDE POOL代表/マリンエデュケーター」 今村直樹さん

" TIDE POOLが考える【子どもの表現力×映像】とは "

『強さとやさしさを育む自然学校 TIDE POOL』は神奈川県葉山にあるアフタースクール。
「自ら感じて、考えて、表現する力を引き出すため、子どもを過保護にはしません!」
と語るのは、TIDE POOL 代表でマリンエデュケーターの今村直樹さん。
大人たちが一方的に「教える」のでなく、子どもたちが学ぶための「ヒント」を散りばめた場所さえあれば、子どもたちは自由に表現しますよ、と今村さん。

そんな今村直樹さんに『子どもの表現力×映像』という視点でお話をうかがいました!

はじめまして、今村直樹です。

「子どもたちに自然を通じた学びを届けたい」という想いで、神奈川県葉山に『強さとやさしさを育む自然学校 TIDE POOL』を設立、地元の小学生を対象に現在は40名ほどの生徒が在籍しています。

TIDE POOLは、葉山の自然に学ぶアフタースクール。授業は個性の強い4種類のコースに分かれていて、私は「しぜんコース」というアウトリガーカヌーやシーカヤック、シュノーケリングといったマリンアクティビティを中心に、ライフセービングや離岸流体験、ナイフの使い方、火起こしなど、生きていく上で役立つ知識・技術を身につける授業を担当しています。

縁あって、スクールに洗えるビデオカメラEverio Rがやってきました。海の近くでの日々の活動を、保護者や地域の方々に都度お伝えしていますが、Everio Rなら気兼ねなく使うことができて便利です。

2016年6月下旬、アウトリガーカヌーの大会がありました。毎週子どもたちと練習してきた、いわば集大成。
成績の良し悪しではなく、海の厳しさと集団行動を通じて、シーズンが終わるとびっくりするほど子どもたちの心が成長したのを感じます。
残念ながら今年の大会の撮影はできなかったので、練習風景ですがアウトリガーカヌーについて、まずは動画でご紹介します。

このアウトリガーカヌーは12mほどの長さがあり、大人を含めて6名が乗っています!
体力と集中力が必要ですが、みんなで息を合わせて行動する難しさと楽しさが、醍醐味のアクティビティです。

スクールには「しぜんコース」のほかに、「せかいコース」「かたちコース」「じぶんコース」があります。
写真は、「せかいコース」のマイケル・キダ先生と子どもたちです。オーガニック農業などの体験を通じて「できた!」という楽しさの体験と自信持つことを学びます。

自然の中にある素材を自由な発想で使用して創作をする「かたちコース」。
室内ではできないダイナミックな造形を目指して、砂浜にカタチをつくり石膏で型どりをしました。

また、波の作用を、砂浜で実験!実験台が「仮面」というのも、子どもならでは。
波に洗われてカタチが変化していくさまは大発見の連続でした!

大人には見えない世界を子どもたちは見ています。
「こころコース」では、感じる力・考える力・表現する力を育てる目的で、画や写真を用いて自分のキモチに向き合い、それを表現することを学びます。
子どもが感じる世界を、子ども自身に「映像」として表現させてみたらどうなるんだろうと、今からワクワクしています。

今日もまた、TIDE POOLな放課後を過ごしています!

今村 直樹 IMAMURA NAOKI

今村 直樹IMAMURA NAOKI

TIDE POOL 代表、マリンエデュケーター。
3歳から水泳を始め、全国大会にも出場。高校時代にレーシングカヤックの日本代表に。大学時代には、ライフセービングとの出会いにより海に魅せられ「この感動を多くの人に伝えたい!」と強く思うようになる。
大学卒業後に渡豪。クイーンズランドの学校でスポーツ&レクリエーションを専門的に学ぶ。その後、グレートケッペル島でマリンガイドやキッズクラブのスタッフとして働きながらライフセービングの技術を習得。
帰国後は葉山にある「NPO法人オーシャンファミリー」スタッフ、「BEACH 葉山アウトドアフィットネスクラブ」マネージャーを経て、自然学校「TIDE POOL」を設立。子どもたちに自然を通じた学びを届けている。

エブリオな人たち 一覧

pagetop

Enjoy! Video Camera