JVC JVCはビクターのグローバルブランドです。 洗えるビデオカメラで、アクティビティをもっと楽しもう!

Enjoy! Video Camera Enjoy! Video Camera

"エブリオな人たち"

エブリオな人たち

Vol.06
「FUTURE KIDS ADVENTURES」代表
藤田央さん

" KIDS ARE OUR FUTURE 【私たちの未来 × 映像】で伝えたい "

KIDS ARE OUR FUTURE
こどもたちは私たちの未来です。

こども達が安心して遊べる環境を大人が守る。
生活の中にそんなシンプルな考えを定着させていきたい、と語る藤田さん。

認知拡大や支援の輪を広げるため、活動の記録をショートフィルムにして、
フェスや小さな映画館などで上映会をされているそうです。
そんな藤田央さんが伝えたい!『私たちの未来×映像』について、お話をうかがいました!

山へ!海へ! 歩くー登るー泳ぐー冒険する
こども達と親子との自然体験を記録に残していきたい。

FUTURE KIDS ADVENTURES @ アイスランド平和迎賓館那須烏山撮影・編集:レオ・ペレガッタ

FUTURE KIDS ADVENTURESとは?
緑の森を歩き、青い海で泳ぐ。そんな当たり前なことが、困難な状況が近年起こりつつあります。モノを生産しては消費していく社会の中で、私たちFUTURE KIDS ADVENTURESは、身の回りの自然を振り返り、人間同士がつながり、未来を考える、そんな機会をもっと身近に作っていきたいと考えます。こども達が安心して遊べる環境を大人が守る。生活の中にそんなシンプルな考えを定着させていきたい。100年後のことを考えて、今、こども達に伝えてあげるべきことを世界中の人と一緒に繋がり、考え、共有し、発信したい。 こども達の未来を見据え今を生きる冒険のはじまりです。 私たちFUTURE KIDS ADVENTURESは、自然体験・冒険ARTをプロデュースしています。ワクワクする気持ちを大切に日常生活の中にある、 場所・空間・時間をプロデュースします。大人も参加することで、一緒に経験することができます。 自然・アート・ワークショップ・キャラバンなどのプログラムを通じ自然体験を提供しています。

こども達と一緒に自然を歩き、感じ、学び。あらゆる場面で、自然のワクワク、ドキドキ、不思議なわすれられない体験をしてもらえるように日々活動しています。
私たちの活動は、主に山と海、キャンプ等のアウトドアでの時間をこども達や親子と過ごしています。Everio R は、雨天でも海の中でも、またショックにも強いので野外での撮影の活動の記録をこのカメラを使って撮っています。
毎年夏に行っているFUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMPでも水中でイルカとこども達の泳ぐ様子を一部このカメラで撮影しています。

FUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMP 2016 | TRAILER撮影・編集:中原徹夫

FUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMPとは?
東日本大震災から5年。大人が作った原子力発電によって、外で思いっきり遊ぶことのできなくなったこども達がいます。今まで遊んでいた海で遊べなくなったこどもがいます。空気を思いっきり吸うのが怖くなってしまったこどもがいます。そこで、私たちFKAは、ドルフィンキャンプ保養プログラムを2014年夏から始めました。太古の大自然の中、野生のイルカが生息する御蔵島にて、見る、聞く、匂う、味わう、そして感じるという人間本来の持つ五感を思いっきり使って、思いっきり遊ぼう!というキャンプです。イルカは自然本来の生き方を教えてくれます。海の世界に入って、イルカを感じると、人間も自然の一部なんだ、人間は生かされているという謙虚な気持ちが、そして生きる勇気が自然と湧き上がってきます。深い森を歩き、高い空を仰ぎ、大きな海で泳ぐ、こどもの大冒険です。

福島キッズドルフィンキャンプは、福島第一原発事故により放射能被害によるストレスの影響を受けているこども達のための保養プログラムとして、こどもの人生の指針となるようなポジティブな経験をさせてあげたいと思い、2014年よりドルフィンキャンプ保養プログラムを開催することを決意しました。
海のすぐ前でキャンプをして、仲間と焚き火を囲み、活火山の島で、地球の鼓動を体感します。そして、もちろん、三宅島から船で隣の御蔵島へと野生のイルカに出会いに行きます。御蔵島には約150頭のバンドウイルカが生息しており、島の周りを毎日泳いでいます。足のつかない海で、ライフジャケットをつけて、野生のイルカに出会う経験はこどもにとっての大冒険なのです。

野生のイルカとの出会い:
ドルフィンスイムは御蔵島で行います。世界的にも貴重な野生のミナミハンドウイルカとの出会いを通じ、大自然の豊かさを学びます。 自由に泳ぐイルカの声聞いて、綺麗な青い海の中で一緒に泳ぎます。

達成感/自信が得られる:
熟練スタッフの安全管理の中、深い海でイルカに出会う経験は、困難と恐怖を乗り越え、達成感と自信が生まれます。イルカと泳いだ後のこども達の笑顔は、みんなたくましくなっています。

情が育まれる:
キャンプ中は、こども達同士チームを作って三宅島にて共同生活をします。お互い助け合い、遊び、学び、ご飯を食べる経験を一緒にシェアすることで、かけがえのない一生の仲間ができます。

KIDS ARE OUR FUTURE
こどもたちは私たちの未来です。

私たちはこれら活動の記録をショートフィルムにして、フェスや小さな映画館などで上映会を行っています。キャンプシーズン突入し、現在進行形で映像を撮りためています。
映像を通じてまたどこかでお会いできるのを楽しみにしています!

写真撮影:中原徹夫

藤田 央 Toru Fujita

藤田 央Toru Fujita

神田生まれ新宿育ち
FUTURE KIDS ADVENTUTRES代表
FUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMP共同代表

2006年THE NORTH FACE(JAPAN)の代表との出会いをきっかけに、EARTH KIDS PROJECT "ARTを通してEARTHとつながり、こども達に自然の楽しさや不思議さ伝え、新しい可能性の扉を開く ”POWWOW aeaa Earth Kids Project-7Nature Usagi”をSTARTさせ、国内外のこども達のべ3万人との”ARTーEARTHの対話を試みる。このプロジェクトは、今年で10年目になり、FUTURE KIDS ADVENTUTRESに進化して、FKA CARAVANにて全国を回る。

311震災以降は、日本初の福島のこどもの為の通年の保養所久米島”球美の里”の立ち上げに携わり、現在もFukushima Kids Dolphin Camp 御蔵島などの新たな保養プログラムの企画や運営も行なう。仕事の範囲は幅広く、こどもと未来の地球とARTをテーマに、アウトドアイベント、キャンプ、保養プログラム、キッズワークショップの企画、運営、コーディネイト、場作り、また幼稚園のプロデュース等を行なう。笑いや語りでみんなの冒険心を駆り立てるムードメーカー。「できない・無理」が「できる・やってみよう」に変わる不思議な場作りを担当。THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOLにて、登山やキャンプを通して、こども達に自然の楽しさを伝えるReckとしても活動中。

エブリオな人たち 一覧

pagetop

Enjoy! Video Camera