ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ヘルスケアシステム > エクソソーム計測システム > ExoCounter (エクソカウンター)

ExoCounter (エクソカウンター)

エクソソーム計測システム

ExoCounter (エクソカウンター)


資料請求


zoom


「ExoCounter」は、JVCケンウッドの光ディスク技術をベースに開発したエクソソーム数に関する高精度計測プラットフォームです。

精製プロセス不要、抗原特異的なエクソソームの絶対数を定量可能

光ディスクとナノビーズの技術を融合させ、体液中の抗原特異的なエクソソームを1つずつ検出、デジタルカウントします。サンプルの精製は不要、計測における計測器の煩雑な調整も不要で、エクソソームの絶対数定量に関し、高速・高精度かつ信頼性の高い計測結果が得られます。

  • 抗体ディスクと抗体ナノビーズによる抗原特異的なエクソソーム捕捉
  • ディスク表面のナノ溝構造(溝幅約260nm)による捕捉エクソソームの大きさ選択性
  • レーザー光を用いたエクソソーム検出技術とデジタル信号処理技術による高精度デジタル計測
ExoCouner(試作機)
アッセイキット

共同研究

この技術は、研究開発法人 科学技術振興機構 (JST)の先端計測分析技術・機器開発プログラムの支援を受けて、慶應義塾大学医学部、東京医科大学、東京工業大学生命理工学院との共同研究により開発されました。

2016年3月、JVCケンウッドとシスメックス株式会社は、エクソソームを対象とした診断装置を共同開発することに合意しました。
> Detail (pdf : 152KB)

2017年10月、JVCケンウッドは、国立がん研究センター、第一三共株式会社、シスメックス株式会社と、がんの診断および治療の質向上に関する以下の共同研究を開始しました。
> Detail (pdf : 205KB)

映像資料





※2016年3月9日に広報発表した、JVCケンウッドとシスメックス株式会社が共同開発を進める「エクソソームを対象とした診断機器」の概要を、分かりやすくご説明する映像です。

※「ExoCounter」はJVCケンウッドの商標または登録商標です。