ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 公共導入事例 > 飛騨プラネタリウム様

飛騨プラネタリウム様

公共ご提案 映像システム

D-ILAホームシアタープロジェクター導入事例

飛騨プラネタリウム様
(高山市)
URL http://www18.ocn.ne.jp/~hidaplne/

D-ILAホームシアタープロジェクター「DLA-HD950」2台納入
プラネタリウム&シアター用


岐阜県高山市にある「飛騨プラネタリウム」様にD-ILAホームプロジェクターが導入されました。
「DLA-HD950」は、高いネイティブコントラストを保有しているため、細かな星空など、特に暗い映像の微細表現に優れており、さらに、ビクター独自開発のD-ILAデバイスによるフルハイビジョンの高解像度や画素の目立たない滑らかな映像表現も相まって、リアルな銀河宇宙を直径9メートル、360度パノラマスクリーンに投写しています。

飛騨プラネタリウム外観                   プラネタリウムドーム内

上映コンテンツの一部


D-ILAホームシアタープロジェクターの評価
見事な再現力&費用効率化


館長 大矢氏

「DLA-HD950」は、CGアートの権威 KAGAYA 氏作品の宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」や新作「宇宙一直線」 を微細なところまで、見事に表現しています。
また、高性能のプラネタリウムには、高額な設備投資が必要となりますが、D-ILAホームプロジェクターを採用することで、驚くほどの高画質を実現しながらコスト削減が図れました。その分コンテンツに投資でき、費用を効率的に運用することができました。


ドーム後方に設置されたラックに内蔵された「DLA-HD950」


「DLA-HD950」

コントラストの実力:ネイティブコントラスト
50000:1
魚眼レンズ装着「DLA-HD950」