ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 交通・運輸導入事例 > 神戸市交通局様

神戸市交通局様

交通・運輸ご提案 映像システム

非常放送設備導入事例

神戸市交通局様
(神戸市中央区加納町)
(納入場所:地下鉄西神・山手線 長田駅・上沢駅・湊川公園駅・大倉山駅・県庁前駅・三宮駅・新神戸駅)

神戸市の重要基盤路線である神戸市営地下鉄西神・山手線様に、多元放送が可能な非常業務兼用放送設備を納入


神戸市営地下鉄様の車両

神戸市営地下鉄西神・山手線様は、1977年開業の神戸市最初の市営地下鉄です。
神戸の新幹線の接続駅の新神戸からニュータウンの西神中央までを結びます。
神戸市民や神戸で働く人々にとってなくてはならない路線です。

今回はその放送設備の更新に伴い、新神戸から中心部の三宮をとおり、長田までの7駅に非常業務設備(特型含む)が納入されました。


納入設備

 
非常業務兼用アンプ架

非常業務放送設備
インテリジェントPAシステムEM-900シリーズ 7式
  • 出力回線20回線・定格出力560W(マトリックスコントロールユニットPA-MX92内蔵)
  • 特型ユニット(放送操作パネル・故障表示ユニット他)

(機能)
  • 列車到着放送
  • 一般業務放送
  • 録音済み音源による自動案内放送
  • BGM放送
  • ワイヤレスマイク放送
  • 非常放送
その他外部入力による放送などが可能です。


特型の放送操作パネル
(ホーム・コンコース等への各放送機器制御用)