ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 導入事例アーカイブ > 札幌ウィンタースポーツミュージアム様

札幌ウィンタースポーツミュージアム様

公共ご提案 音響システム

音声ガイダンスシステム導入事例

札幌ウィンタースポーツミュージアム 様
(札幌市中央区)

札幌ウインタースポーツミュージアムの概要

第11回冬季オリンピック札幌大会(1972年)のメモリアルとして、また、札幌市が歩んできたウインタースポーツの歴史の紹介、普及・発展を目的として、2000年4月に 開設されました。場所は、大倉山ジャンプ競技場。ここ では、次のようなゾーンなどが設けられています。

●体感・体験ゾーン=ジャンプシミュレーション/ボブスレー/滑走体感/アイスホッケー・キーパー体験/バイアスロン/射撃/スピードスケートトレーニング/他
●展示ゾーン=宮様と大野精七博士コーナー/パラダイス/ヒュツテ/冬季オリンピックと日本の歴代メダリスト
●多目的ホール
●情報コーナー


自動スタート方式を採用。コメント数は38。
(右)に大倉山ジャンプ場と、ミュージアム。