ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 導入事例アーカイブ > 品川区立総合体育館様

品川区立総合体育館様

公共ご提案 映像システム

電子情報掲示板システム インフォアクティブ導入事例

品川区立総合体育館 様
(東京都品川区)

競技施設などの当日のスケジュールや各種情報を表示
掲示情報は自動更新

品川区立日野学園(小・中一貫校)と併設で新設された品川区立総合体育館

以前の施設が再開発のために移転・新設されることになり、2006(平成18)年4月に新しい体育館がオープンしました。区民の積極的な利用を図るために各種の新しい試みが取り入れられましたが、インフォアクティブもその一環として導入されました。


インフォアクティブの導入理由

1. 掲示情報の更新が簡単
従来はスタッフが白板に記入していた利用者向けの情報が、インフォアクティブを導入することにより、事務所内のパソコンから手軽に提供でき、スタッフの手間が大幅に軽減されました。

2. 利用状況一覧を自動的にPDPに表示
利用状況一覧は、作成したPowerPointファイルを決められたフォルダに登録すると、自動的にPDPに表示され、スタッフによる運用が容易になりました。

3. 大画面表示
大画面PDPにより、利用者は施設の空き情報等を一目で確認できます。

ロビーに入るとすぐに目につくPDP
ロビーに設置された50型PDP
(当日のスケジュールを案内)
スタッフが行う掲示情報の更新

財団法人品川スポーツ協会事務局 渋谷 直樹 様 のお話

白板に手書きで当日の予定表を書いていた時と比べると、大幅に手間が省けるようになりました。入力フォームが決まっているので、メモを見ながら記入でき、当日の差し替えも簡単に行えます。ディスプレイは50インチで利用者も見やすく、設置環境にもマッチしており、新しい体育館にふさわしいシステムだと思います。