Loading Loading
JVC ビジネス向け製品・サービス
NEWS

2017.5.29 4KスペシャルサイトにGY-LS300CH Version 4.0情報を追加

2016.3.22 GY-LS300CHの魅力を伝える「ムービーコレクション」に横浜市水道局の水源環境保全PR映像を追加

MORE
ムービーコレクション 4kcam video
Close
J-Log1 / 3D-LUT サンプル映像

J-Log1収録でのグレーディング処理前後の映像が確認できます。
3D-LUTによる違いをご確認ください。

※ 4K画質は対応ディスプレイでご覧ください。画質の調整はコントローラーの「設定」からできます。

Close
グレーディング処理前後
4K CAM

美しいを美しく。
新開発のSuper35mmCMOSセンサーと自由なレンズ選択が
プロフェッショナルの映像表現に応える。
システム・コアとしての4K-CAM。

製品ページへ

※レンズ別売(写真はオリンパス イメージング株式会社製 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの装着例です。)

現場の色彩や臨場感を余さず記録する。
F1.2レンズによる優れた暗所性能や多彩な記録方式に対応。
機動力あふれる4K-CAM。

製品ページへ

NEXT PREV

ムービーコレクション

4K Imagination× GY-LS300CH JVC 4K CAMが描き出す新しい映像世界。GY-LS300CH

GY-LS300CHの魅力を伝えるコンテンツをまとめたライブラリーです。
表現力と可能性を突き詰めるプロフェッショナルの映像作品と、
実力を示す様々なフォーマットのサンプルムービーをご紹介致します。

NEXT PREV
撮影
GY-LS300CH 4K対応Super 35mmCMOSセンサー GY-LS300CH 高精細・高感度を実現。新開発4K対応Super 35mmCMOSセンサー。

新開発のSuper35mm サイズのイメージセンサー(総画素数約1,350 万画素)を搭載し、高精細な映像と被写界深度の浅い映像表現を可能にしました。ワイドダイナミックレンジにより、明暗差が大きい被写体や低照度の環境下における撮影でも、鮮明かつ色再現性の高い撮影が可能です。

4K、Super 35mm
GY-LS300CH GY-LS300CH マイクロフォーサーズシステムマウントを採用。さまざまなレンズに対応

交換型のレンズマウントにマイクロフォーサーズシステムマウントを採用し、対応するマイクロフォーサーズレンズであれば、アイリス・フォーカス・ズーム・光学手ぶれ補正といった機能を、本体から操作することを可能にしました。

GY-LS300CH 動作検証済みレンズ対応表 マイクロフォーサーズ

市販のマウントアダプター※1の使用により、EFやPL マウントの
シネマレンズ等にも対応し、撮影意図に応じたレンズ選択が可能です。

GY-LS300CH さまざまなレンズに対応

推奨レンズ

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL OLYMPUS ZUIKO製品情報 GY-LS300CH 動作検証済みレンズ対応表
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5~6.3 EZ

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

推奨レンズ

❶:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5~6.3 EZ
❷:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
❸:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

(2017年4月現在)

※1 マウントアダプターを使用する場合、一部の機能に制約が生じることがあり、すべての動作を保障するものではありません。

GY-LS300CH 独自のバリアブルスキャンマッピング技術。装着レンズに合った最適なセンサー領域の設定が可能。

バリアブルスキャンマッピングとは、さまざまなレンズを最高のパフォーマンスで使用することを可能にした当社独自の新技術です。レンズの有効径がセンサーサイズ未満の時でも、スキャンサイズを変更することで、さまざまなレンズ・有効径に合う最適なセンサー領域を設定することができます。「Super 35mm」「MFT」「Super 16mm」 などのさまざまなレンズに対応し、レンズの有効径を最大限に利用した撮影が可能です。※2
※2 スキャンサイズにより有効画素数は変化します。

  • ケラレが発生

  • ケラレのない領域へ、スキャン範囲を選択

  • スキャン範囲をフルサイズで表示

・バリアブルスキャンマッピングズーム(VRSM-z)
 本体のズームレバーでスキャンサイズを可変※1

※1スキャンマッピングの範囲内で可変が可能です。

ズームレバーにバリアブルスキャンマッピング(VSM)を割り当てます。単焦点レンズが、最大2.3倍レンズとして活用可能。 ※4K時は、最大約1.2倍。

単焦点レンズをバリアブルスキャンマッピング技術により4Kで最大約1.2倍、HDで最大約2.3倍のズームレンズとして使用可能。表現豊かな単焦点レンズにおいて、もう少し被写体に寄りたいときに効果を発揮します。また、超スローなズーム動作での演出をしたいときにもご活用いただけます。

GY-HM200 F1.2の明るさを実現した光学12倍ズームレンズ搭載。 GY-HM200

新開発F1.2の明るさを実現した光学12倍ズームレンズを搭載。暗いシーンの撮影においても、細部までノイズの少ない描写が可能です。また、高解像度センサーを生かした24倍ダイナミックズーム※3を搭載し、望遠710mm(35mm判換算)までの広範囲な撮影に対応します。

※3 4K撮影時には使用できません。

高感度・低ノイズを実現する、1240万画素「1/2.3型 裏面照射CMOSセンサー」を搭載
高感度裏面照射CMOSセンサーとノイズリダクション技術により、感度性能を大幅にアップ。暗いシーンでも階調感に優れた撮影が可能です。

オートフォーカス&光学手ブレ補正機能を搭載
中心領域のオートフォーカス機能だけでなく、顔検出のオートフォーカスや、マニュアルフォーカスに切り換えも可能です。また、光学手ブレ補正機能も内蔵し、さまざまなシーンでの撮影をサポートします。

GY-LS300CH GY-HM200 撮影アシスト機能  適正露出の設定を補助

被写体の輝度を確認でき、露出設定を補助するヒストグラム機能

露出レベルの全体傾向をグラフ表示して輝度分布のを確認できます。
白とびや黒つぶれ防止の手助けをします。

ライティング設定や露出決定に役立つスポットメーター機能

撮影時の被写体の明るさを表示します。映画や舞台などのライティング設定や、カメラの露出を決定するときに役立つ機能です。LCD モニターとビューファインダー画面の映像に場所を示すカーソルと、その場所の明るさ(%) を表示します。

その他の機能


  • ・黒のレベルを微調整できるBlack Paint 機能

  • ・カラーマトリックス調整機能

  • ・High-Speed(120fps)撮影

  • ・LCD/VF 1D-LUT 設定機能

  • ・ゼブラ機能“入”時の表示アイコンを追加

NEXT PREV
記録
GY-LS300CH 高精細4K/60p信号のHDMI外部出力機能
NEW Version4.0追加機能 GY-LS300CH

外部レコーダーを装着して、高精細4K(3840x2160)/60p記録が可能

国内の放送事業者各社が4K放送の標準規格として定めている“4K/60p”信号を本体HDMI端子から出力が可能。収録には、ATOMOS製モニター一体型レコーダー「SHOGUN INFERNO」「NINJA INFERNO」が対応。ATOMOS社のリモートコントロール「RECトリガー」機能により、カメラ本体と連携した録画制御を可能としております。

GY-LS300CH

※ “4K/60p”、“4K/50p”信号出力時は、下記機能の制限があります。

  • ・本体SDカードでの記録は出来ません。

  • ・ネットワーク、外部モニター情報表示、TCジェネレーターの“Regen”設定、USBモード
    (USBマスストレージ)が使用できません。

  • ・バリアブルスキャンマッピング機能の可変範囲がSuper 35mm(100%)~4K(86%)
    となります。

  • ・コンポジットビデオ信号出力はブルーバックとなります。

GY-LS300CH GY-HM200 4K(150Mbps)記録とHD(50Mbps 4:2:2)記録に対応

4K(3840×2160 画素)の高解像度で24/25/30p の記録・再生を実現しました。また、H.264 コーデックで4K 撮影時には150Mbps の高解像度記録、HD 撮影時には50Mbps 4:2:2 の高画質記録に対応しました。
また、GY-LS300CHは、17:9のアスペクトを持つシネマ4K(4096 x 2160) と シネマ2K(2048 x 1080)の映像記録が可能。リアリテイを追求したドキュメンタリーから、高精細で臨場感あふれる劇映画など、さまざまな映像ジャンルに対応します。

4K HD 4:2:2 50Mbps
NEW Version4.0追加機能 GY-LS300CH

4K 「4:2:2 記録モード」を追加

4K/30p、4K/25p、4K/24p記録(150Mbps/70Mbps)に “4:2:2” の高画質記録モードを追加しました。
※4K/4:2:2設定時は、ネットワークが使用できません。
※HDMI/SDI出力解像度は、1080/30p、1080/25p、1080/24pまたは1080iから選択可能ですが、項目の選択によって選択肢は変わります。
※コンポジットビデオ信号出力はブルーバックとなります。

J-Log1(JVC Log) ダイナミックレンジ800%。カラーグレーディングの幅が拡がりました。
J-Log1 / 3D-LUT サンプル映像はこちら

GY-LS300CHは、Version.2.0のファームウェアアップデートにより、“J-Log1”というJVC独自の映像収録が可能になりました。“J-Log1”で収録された映像は、広色域にも対応可能な独自のカラースペースになっており、グレーディングが必要となります。

グレーディング処理前後

画像をクリックすると、拡大表示します。

GY-LS300CH 3D-LUT(LOOK UP TABLE)

J-Log1で収録した映像を各ビデオ規格のモニターで色が違和感なく見られるように、各規格のカラースペースに変換する3D-LUTファイルとして“ITU-R BT.709”、“ITU-R BT.2020”、“ITU-R BT.2100(HDR Hybrid Log Gamma)”をそれぞれ用意しました。
3D-LUTの具体的適用方法につきましては、JVCケンウッド・ホームページより、「J-Log1用 3D-LUT FILE適用方法」 及び 「J-Log1用 NEW 3D-LUT FILE解説」をご参照ください。

3D-LUT FILE適用について) 色域
色 域
GY-LS300CH GY-HM200 SDカードダブルスロットを搭載。3つの記録方式を選択可能。
SDXC SDHC

SD メモリーカードスロットを2 基搭載しています。多彩なコンビネーション記録に対応し、機動性に優れた効率的なワークフローにより、ENG からイベント収録まで多彩なシーンで活躍します。

GY-LS300CH GY-HM200 SDカードダブルスロット
GY-LS300CH GY-HM200 3つの記録方式 シリーズ記録 デュアル記録 バックアップ記録

シリーズ記録
2 つのスロットを交互に使用することで、連続記録・長時間撮影を可能にします。

デュアル記録(同時記録)
両スロットに4K/HD/SD ファイルを同一ファイルで同時記録します。また、HD ファイル同時記録時には、よりビットレートの低いWEB ファイルでの同時記録も可能です。 4KとHDの同時記録はできません。

バックアップ記録
片方のスロットで記録開始/ 停止を制御し、もう片方のスロットで連続記録を続け、バックアップ記録として動作させることができます。バックアップ記録時は同一フォーマット/ビットレート/フレームレートになります。

NEXT PREV
ネットワーク
GY-LS300CH GY-HM200 ネットワークアダプター端子

ネットワークアダプター端子(USB-HOST)を装備しています。各種ネットワークアダプター※4の装着により、多彩なネットワーク機能を実現します。

※4 すべてのネットワークアダプターの動作を保障するものではありません。

GY-LS300CH GY-HM200 ネットワークアダプター端子 GY-LS300CH GY-HM200 ネットワークアダプター端子
GY-LS300CH GY-HM200 多彩なネットワーク機能を実現

※5 ネットワーク機能は、アダプター(RJ45イーサネットコンバーター/Wi-Fiアダプター/3G/4Gアダプター)を接続することにより動作可能になります。

GY-LS300CH GY-HM200 多彩なネットワーク機能を実現*5

対応アダプター ▶GY-LS300CH ▶GY-HM200

メタデータのインポート
ネットワーク経由で取得したプランニングメタデータやスマートフォン等で編集したクリップメタデータをカメラ本体に記憶できます。

記録クリップのアップロード
SD カードに記録したHD/SD またはWeb 動画ファイルをネットワーク経由で送信が可能です。

ビューリモコン/カメラ制御
各種モバイル端末からライブ画面の確認やリモート操作が可能。アイリスやフォーカス調整等のカメラ操作や詳細設定を、各種モバイル端末からリモート操作することもできます。

ライブストリーミング
対応するデコーダーやPCアプリケーションとの組み合わせにより、ネットワーク経由で映像・音声のストリーミングが可能です。Ustream/Youtube Liveに対応するプロトコル「RTMP」に加え、簡単且つ低コストで高品位なデータ送信を可能とする「SMPTE 2022-1」※6プロトコルを搭載。さらに、高い信頼性で安定したデータ送信が可能なクラウドサービス「Zixi」※7に対応しています。

※6 「SMPTE 2022-1」の利用には対応デコーダーが必要です。
※7 「Zixi」の利用には対応デコーダー及び別途加入契約が必要です。

NEW Version4.0追加機能 GY-LS300CH

Web ブラウザによるカメラ操作が4K/30p、4K/25p、4K/24p収録時にも使用可能になりました。
PCやタブレットをネットワークで接続し、各種ネットワーク機能を利用可能です。
※4K/4:2:2設定時は、ネットワークが使用できません。
※HDMI/SDI出力解像度は、1080/30p、1080/25p、1080/24pまたは1080iから選択可能ですが、項目の選択によって選択肢は変わります。
※コンポジットビデオ信号出力はブルーバックとなります。

さまざまな機器との接続に対応

各種機器に対応する映像出力端子を装備しています。デジタル出力として、モニター、ラインなどへの同時出力が可能な3G/SD-SDIとHDMI端子を装備し、HDMI端子からは、4Kを含めた映像出力が可能です。音声入力にもMIC/LINE切替可能なXLRオーディオ入力端子を2系統、またワイヤレスレシーバーなどの接続も可能なAUX入力端子(2ch)も装備しています。

  • USB端子/HDMI出力/3G/SD-SDI出力

  • AV出力端子/ヘッドホン端子/AUV端子/リモート端子

※ HDMI/SDI端子から出力される映像の解像度を接続するモニターに合わせて設定できます。
※ HDMI出力の記録トリガーに対して、カメラからの「ATOMOS」社製レコーダー制御が可能。

NEXT PREV
機能比較
GY-LS300CH GY-HM200 機能比較図 GY-LS300CH GY-HM200 GY-LS300CH仕様詳細 GY-HM200仕様詳細
  • 新開発4K 対応 Super 35mm CMOS センサー

  • マイクロフォーサーズシステムマウントを採用

  • 独自のバリアブルスキャンマッピング技術

  • F1.2の明るさを実現した光学12倍ズームレンズを搭載

  • 4K/60p HDMI出力※8

  • 4K(150Mbps/70Mbps)4:2:2記録※8

  • 4K(150Mbps/70Mbps)4:2:0記録

  • High-Speed記録(120fps)

  • デジタルシネマ記録モードを搭載

  • JVC Log(J-Log1)記録

  • 撮影アシスト機能適正露出の設定を補助

  • 各種ネットワークアダプターが多彩なネットワーク機能を実現

  • ※8 GY-LS300CH Version4.0追加機能

GY-LS300CH 重量約1.7kg(バッテリー含む)GY-HM200重量約1.6kg(レンズ、バッテリー含む) GY-LS300CH GY-LS300CH 重量約1.7kg(バッテリー含む) GY-HM200 GY-HM200重量約1.6kg(レンズ、バッテリー含む) GY-LS300CH仕様詳細 GY-HM200仕様詳細
PREV
PAGE TOP