ホーム > ビジネス向け製品・サービス > 映像システム(映像制作機材) > カメラレコーダー > GW-MD100

GW-MD100

4Kカメラモジュール

GW-MD100

New

オープン価格※

2017年3月 発売予定

 


zoom

※オープン価格の製品はメーカー希望小売価格を定めていません。

主な特長

さまざまな撮影システムへの組込みを可能にする小型・軽量ボディ

奥行き117mm、質量800gの小型・軽量ボディに、高精細な4K撮影・伝送を実現する4Kシステムを搭載。さまざまな撮影システムへの組み込みを可能にします。

高精細・高感度を実現した4K対応Super 35mmCMOSセンサーを搭載

撮像素子には当社グループ会社であるAltaSens Inc.が開発したSuper35mmサイズのイメージセンサー(総画素数約1,350万画素)を搭載。センサーサイズを生かした高精細な映像と被写界深度の浅い映像表現を実現します。また、ワイドダイナミックレンジにより明暗差が大きな被写体や低照度の環境下における撮影でも、鮮明かつ色再現性の高い撮影が可能です。


独自の画像処理エンジンによる最大60フレーム/秒の4K動画記録と伝送を同時に実現

当社が長年培った画像処理技術を搭載した独自の4K画像処理エンジンを2個実装したことにより4K/60p動画像をリアルタイムでH.264圧縮しSDカードへ記録※1。同時に非圧縮4Kベースバンド信号を出力できます。

※1:SDカードにはH.264(.MOV)での3840×2160、4:2:2 60p、最大ビットレート150Mbpsの記録が可能。

3G-SDI端子×4本を装備し、最長100mまでの4Kリアルタイム伝送を実現

本体背面に、映像の4分割出力を可能にする3G-SDI端子を4本装備。クアッドリンク接続することで、最長100mのベースバンド伝送を実現します。

マイクロフォーサーズシステムマウントを採用し、各種撮影設定のリモート制御が可能

交換型のレンズマウントには、マイクロフォーサーズシステムマウントを採用。対応するマイクロフォーサーズレンズであれば、アイリス、フォーカス、ズーム、光学手ブレ補正といった機能を本体から操作が可能です。


4K記録に対応したSDカードスロット※2を搭載

4K記録に対応したSDカードスロット※2を1基搭載。映像信号のケーブル伝送が困難な設置環境でも4K収録が可能です。

※2:対応メディア:SDXCまたは、SDHC UHS-ⅠUHS Speed Class 3 以上(16GB~64GB)、推奨フォーマット:FAT32。

その他の特長

  • Genlock(Tri-Sync / Black Burst)に対応
  • HDモニター出力端子(HD-SDI端子×1)を装備
  • カメラコントロール端子(D-Sub9pin端子×1)を装備

主な仕様

【一般部】
電圧 DC12V~15V
消費電力 26.8w
外形寸法 幅88.0 × 高さ108.5 × 奥行(端子含む)117.0mm
質量 800g
許容温度 0℃~40℃(動作)、-20℃~60℃(保存)
許容湿度 30%RH~80%RH(結露なきこと)
【カメラ部】
撮像素子 Super35mm 13.5M CMOS
同期システム 外部同期 / 内部同期
ゲイン 0、3、6、9、12、15、18、21、24dB
電子シャッター STEP:1/4 ~ 1/10000、EEI
【ストレージ部】
対応メディア SDXCまたは、SDHC UHS-ⅠUHS Speed Class 3 以上(16GB~64GB)、
推奨フォーマット:FAT32
スロット数 1スロット
【記録部】
ビデオフォーマット MPEG-4/AVC H.264
ファイルフォーマット Quick Time File Format
【端子部】
電源入力 Hirose 4pinタイプ ロックコネクター(DC 12~15V)、適合プラグ:HR10-7P-4P
ビデオ出力 3G-SDI x4(4K / 60p)、HD-SDI x1(モニター出力 HD 60i / 50i)
リモートコントロール D-Sub 9pin(シリアルコントロール)
Genlock入力 BNC (Tri-Sync/Black Burst)

※ 本機の仕様および外観は、改善のため予告なく変更することがあります。

・マイクロフォーサーズ及びマイクロフォーサーズロゴは、オリンパスイメージング株式会社の日本・米国・EUその他各国の商標または登録商標です。
・SDXC、SDHCは、SD‐3C,LLCの商標または登録商標です。
・記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。