ホーム > ビジネス向け製品・サービス > 映像システム(映像制作機材) > カメラレコーダー > GY-LS300CH

GY-LS300CH | カメラ機能

高精細・高感度な映像を実現
新開発 4K対応 Super 35mm CMOSセンサー

新開発のSuper35mm サイズのイメージセンサー(総画素数約1,350万画素)を搭載し、高精細な映像と被写界深度の浅い映像表現を可能にしました。ワイドダイナミックレンジにより、明暗差が大きい被写体や低照度の環境下における撮影でも、鮮明かつ色再現性の高い撮影が可能です。


さまざまなレンズに対応
マイクロフォーサーズシステムマウント

交換型のレンズマウントにマイクロフォーサーズシステムマウントを採用し、対応するマイクロフォーサーズレンズであれば、アイリス・フォーカス・ズーム・光学手ぶれ補正といった機能を、本体から操作することを可能にしました。また、市販のマウントアダプター※1の使用により、EFやPLマウントのシネマレンズ等にも対応し、撮影意図に応じたレンズ選択が可能です。


※1 マウントアダプターを使用する場合、一部の機能に制約が生じることがあり、すべての動作を保障するものではありません。


動作確認レンズ※2
・M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
(2017年4月現在)


※2 動作確認レンズについての最新情報については、弊社ホームページ等でご確認ください。また、ご使用の交換レンズのファームウェアは、最新バージョンにすることをおすすめします。
※ 質量0.8kg以上のレンズを装着する場合には、サポートシステムをご使用ください。


動作確認済レンズについては、こちらでご確認ください。


装着レンズに合った最適なセンサー領域の設定が可能
独自のバリアブルスキャンマッピング技術

バリアブルスキャンマッピングとは、さまざまなレンズを最高のパフォーマンスで使用することを可能にした当社独自の新技術です。
レンズの有効径がセンサーサイズ未満の時でも、スキャンサイズを変更することで、さまざまなレンズ・有効径に合う最適なセンサー領域を設定することができます。「Super 35mm」「MFT」「Super 16mm」などのさまざまなレンズに対応し、レンズの有効径を最大限に利用した撮影が可能です。※3


※3 スキャンサイズにより有効画素数は変化します。

ケラレが発生 ケラレのない領域へ、スキャン範囲を選択
スキャン範囲をフルサイズで表示

バリアブルスキャンマッピング・ズーム機能(VRSM-z)※4
単焦点レンズでもズームが可能

本体のズームレバーの操作で、撮像センサーのスキャンサイズの可変※4が可能です。またズームレバーでズーム速度も可変します。
固定焦点レンズをバリアブルスキャンマッピング(VSM)技術により4Kで最大約1.2倍、HDで最大約2.3倍のズームレンズとして使用可能。表現豊かな固定焦点レンズにおいて、もう少し被写体に寄りたいときに効果を発揮します。


※4 スキャンマッピングの範囲内で可変が可能です。

ズームレバーにバリアブルスキャンマッピング(VSM)を割り当てることが可能です。

■単焦点レンズが、最大2.3倍ズームレンズとして使用可能
※4K時は、最大約1.2倍

露出、ライティングサポート情報
撮影アシスト機能 適正露出設定を補助

■被写体の輝度を確認でき、露出設定を補助するヒストグラム

露出レベルの全体傾向をヒストグラムのグラフにて輝度分布を確認できます。
白とびや黒つぶれ防止の手助けをします。

■ライティング設定や露出決定に役立つスポットメーター
撮影時の被写体の明るさを表示いたします。映画や舞台などのライティング設定や、カメラの露出を決定するときに役立つ機能です。
LCDモニターとビューファインダー画面の映像に場所を示すカーソルと、その場所の明るさ(%)を表示します。


■黒のレベルを微調整できる Black Paint機能
黒の色かぶりをRch/Bch各々調整することが可能です。

■カラーマトリクス調整機能
カラーマトリクスの調整により複数のカメラを用いて撮影する場合に、各カメラの色を合わせたり、自分の好みの色再現に調整することが可能です。

■LCD/VF 1D-LUT設定機能
ガンマ設定を“J-Log1”に設定している場合のみ、LCD/VFの表示を、ITU-R709またはLog表示に切り替え可能です。Logで撮影された映像をITU-R709に近い輝度で表示し、全体の適正露出の確認を補助します。

※SDI/HDMI出力、および記録映像はLogのままで影響はありません

■ゼブラ機能“入”時の表示アイコンを追加
ゼブラパターンの表示動作中、カメラモード時のディスプレイ画面にゼブラアイコンが表示されます。

高精細4K/60p、4K/50p信号のHDMI外部出力機能
外部レコーダーを装着して4K(3840x2160)/60p記録が可能

国内の放送事業者各社が4K放送の標準規格として定めている“4K/60p”信号を本体HDMI端子から出力が可能です。
収録には、ATOMOS製モニター一体型レコーダー「SHOGUN INFERNO」、「NINJA INFERNO」が対応します。
ATOMOS社のリモートコントロール「RECトリガー」機能により、カメラ本体と連携した録画制御を可能としております。

※4K/60p、4K/50pのHDMI出力時は、下記機能の制限があります。

・本体SDカードでの記録は出来ません。
・ネットワーク、外部モニター情報表示、TCジェネレーターの“Regen”設定、USBモード(USBマスストレージ)が使用できません。
・バリアブルスキャンマッピング機能の可変範囲がSuper 35mm(100%)~4K(86%)となります。
・コンポジットビデオ信号出力はブルーバックとなります。


さまざまな機器との接続に対応
豊富な接続端子

各種機器に対応する映像出力端子を装備しています。デジタル出力として、モニター、ラインなどへの同時出力が可能な3G/SD-SDIとHDMI端子を装備し、HDMI端子からは、4Kを含めた映像出力が可能です。音声入力にもMIC/LINE切替可能なXLRオーディオ入力端子を2系統、またワイヤレスレシーバーなどの接続も可能なAUX入力端子(2ch)も装備しています。

USB端子、HDMI出力、3G/SD-SDI出力
AV出力端子、ヘッドホン端子、AUX端子、リモート端子

プロフェッショナル仕様の装備
XLR オーディオ入力+内蔵ステレオマイク

XLRオーディオ端子2系統を装備し、MIC/LINE切替による音声入力可能。マニュアル時、チャンネル別レベル調整ができ、ファントム電源(+48V)出力に対応。さらに、撮影時の 環境音収録に便利なステレオマイクを内蔵しています。また、ワイヤレスレシーバーなど の接続も可能なAUX入力端子(2ch) も装備しています。


その他の特長

NDフィルター内蔵

NDフィルターを内蔵しています。撮影時の明るさによって、OFF、1/4、1/16、1/64 の4ポジションを切り換え、光量を調節できます。 撮影者の意図にあったシャッタースピードや絞りの調整が可能です。

すばやい設定切り替えを可能にするスイッチレイアウトとビデオパラメーター設定

ゲインやホワイトバランスなどのスイッチをサイドパネルに配置し、撮影シーンに応じて撮影者の意図にすばやく設定を切り換えることができます。また、ガンマやカラーマトリクスなどのビデオパラメーターをメニューで好みのトーンにあわせることが可能です。

オートフォーカス機能と光学手ブレ補正機能対応

※ オートフォーカス機能/光学手ブレ補正機能を備えたマイクロフォーサーズレンズ装着の場合。

3.5型92万画素液晶ディスプレイと0.24型156万画素カラービューファインダー搭載

機能の割り付けが可能なユーザーボタン(計10個)/ダイヤルを装備し、さまざまなカスタマイズが可能