ホーム > 家庭用製品 > プロジェクター > DLA-V9R

DLA-V9R | 究極のダイナミックレンジ

明るくくっきりとした高画質を実現させる高輝度2,200lm

※写真はイメージです

265Wを誇る超高圧水銀ランプと高効率化した光学エンジンの組み合わせにより、2,200lmの高輝度を実現。さらに、画素ギャップが狭く光の利用効率が高いD-ILAデバイスとの組み合わせで、緻密で滑らか、かつパワフルな映像を実現します。今まで高精細画像の視聴に適していなかったリビングルーム等の遮光できない環境下においても、鮮明で迫力ある4K高画質映像をお楽しみいただけます。

D-ILAによる高コントラストにより臨場感あふれる映像を再現

※写真はイメージです

新0.69型ネイティブ4K「D-ILA」デバイスとワイヤグリッド採用の光学エンジンにより、高いネイティブコントラスト100,000:1を実現。また、入力映像を解析し、黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」との組み合わせで、ダイナミックコントラスト1,000,000:1を可能にしました。高輝度化によるダイナミックレンジとの相乗効果でリアリティあふれる高画質映像を体感できます。

広色域による鮮やかな映像を再現


新シネマフィルターの採用によりBT.709規格はもちろんのこと、DCI-P3の広色域に対応します。UHDブルーレイに代表されるHDRコンテンツでは、従来よりも大幅に広い色域が採用されています。そうしたコンテンツも、広色域な本機なら、これまで再現の難しかった空や海のグラデーション、真紅の薔薇や新緑の並木の対比などまで、色彩豊かに描き分けることが可能です。

映像の表現力を飛躍的に向上するHDR(High Dynamic Range)に対応

※写真はイメージです

HDRコンテンツは、輝度レンジの拡張や、BT.2020といった広色域、10bit階調等、これまでよりも豊富な情報を持っています。その為、正確な再現には従来以上にプロジェクター側の高い基礎能力が求められます。D-ILAプロジェクターでは、その「高輝度・高コントラスト・広色域」により、HDRコンテンツを最適に再現し、これまでに体験したことのない高画質HDR映像をお楽しみいただけます。また、UHDブルーレイに採用されているHDR10方式に加え、放送などで採用されるHLG(ハイブリッドログガンマ)方式も自動で認識し、最適な画質モードで視聴が可能です。

オートトーンマッピングによる自動調整※1

「オートマッピング」機能イメージ

HDR10コンテンツの明るさ情報を示すマスタリング情報(Max CLL/FALL※2)に基づき、自動的に画質調整を行う「オートトーンマッピング」機能を新たに搭載。コンテンツごとに明るさの異なるHDR映像が最適に視聴できるよう、画質を自動的に調整します。

※1:マスタリング情報が含まれないコンテンツの場合には、固定値もしくはマニュアルでの調整となります。
※2:Max CLL(Maximum Content Light Level コンテンツの明るさの最大値)

Max FALL(Maximum Frame Average Light Level フレーム毎の平均最大輝度)

18Gbps 4K伝送、HDCP2.2対応

4K/60p 4:4:4や、4K/60p 4:2:2/36bit、4K/24p 4:4:4/36bitなど、18Gbpsの伝送帯域の入力に対応。色鮮やかな色調表現とより豊かな階調表現を実現します。また、動画配信サービスやUHDブルーレイ等の著作権保護コンテンツの再生を可能にするHDCP2.2に対応することで、4Kの著作権保護対応機器の接続が可能です。