ホーム > 家庭用製品 > プロジェクター > DLA-V9R

便利で優れた機能

DLA-V9R | 便利で優れた機能

設置設定モード

最適で、それぞれの環境やに適したお好みの投写映像を楽しむため、設置に関わる設定を一元管理できる「設置設定モード」を搭載。表示のGUIのように、レンズコントロール、画素調整、画面マスク、アナモフィックON ・OFF設定、スクリーン補正、設置スタイル、台形補正、ピンクッション補正、アスペクトの9項目の調整ができます。また、設定したモードを最大10個までメモリーに保管でき、任意の名前も付けることが可能。さまざまな環境での使用に登録されたメモリーがすぐに呼び出せます。

設置設定モードとメモリーGUI

レンズシフト

上下100%、左右43%までの広範囲なレンズシフト機能※1により、設置の自由度が広がります。100型の大画面が約3m~約6.1mの間で投写できる2倍電動ズーム&フォーカスレンズを搭載し、高性能モーターにより微妙な倍率調整やフォーカス調整が簡単に行えます。

※1:16:9投写時

スクリーン補正モード

お手持ちのスクリーン特性に合ったモードをお選びいただくことにより、自然で色彩バランスのとれた映像に補正します。世界各国の主要スクリーンメーカーの最新モデルに対応しています※2

※2:主要スクリーンと補正モードの対比表は、スクリーン補正モード対応表をご覧ください。

スクリーン補正なし
スクリーン補正あり
※写真はイメージです

デジタルキーストン(台形補正)とピンクッション補正※3

プロジェクターを傾けて設置する際に生じる台形の歪みを補正する「デジタルキーストン補正機能」を搭載しています。さらにカーブの掛かったスクリーンにも対応できる「ピンクッション歪補正機能」も搭載しています。
※3:キーストーン補正機能と、ピンクッション補正機能は同時にはお使いいただけません。キーストン補正は縦方向のみ対応しています。ピンクッション補正は、レンズシフトを大きく使った設置では補正しきれない場合があります。

アナモフィックモード

市販のアナモフィックレンズと組み合わせることにより、アスペクト比2.35:1のシネマスコープに対応しますので、迫力ある大画面映像をお楽しみいただけます。さらに、新たに搭載する17:9パネルのフルサイズに横幅を拡張するモードを設けました。

<オフ> 16:9スクリーン
<オン> 2.35:1スクリーン
アナモフィックレンズ使用時

※写真はイメージです

入出力端子

最新のHDMI、HDCP2.2に対応したHDMI端子、コントロール用LAN端子、トリガー端子、3Dエミッター端子等を装備しています。

リモコン

本体に合わせ、リモコンデザインを一新。よく使われる機能に特化しボタン数を減らすことでシンプルにお使いいただけます。
また、各機能のメニュー上に、リモコンの操作ガイドが表示されるため、直感的に操作頂くことが可能です。