ホーム > 家庭用製品 > プロジェクター > DLA-X570R

DLA-X570R | 3D対応

さらに明るく高画質なD-ILAの3D映像

明るく色鮮やかな3D映像を実現する独自の「面一括駆動方式」に加え、新しい高出力ランプを採用した光学エンジンにより、3D映像がさらに明るくなりました。「クロストークキャンセル機能」等の3D映像調整機能も搭載し、D-ILAならではのクロストークの少ない高画質な3D映像をお楽しみいただけます。


3D方式

フレームシーケンシャル方式

方式は、左眼、右眼用の映像を交互に表示する「フレームシーケンシャル」を採用。その映像を左右のレンズが交互に開閉する「3Dアクティブシャッターメガネ」で見ることで、臨場感ある3D映像が楽しめます。


立体に見える仕組み

左右の眼で像を立体視する人間の眼の特性:「両眼視差」を応用した仕組みです。
まず、3D映像は、左眼用・右眼用の映像を2つのレンズで同時に撮影する専用カメラで作成されます。
その映像をプロジェクターで左右に交互に投写し、映像に同期して3Dメガネの液晶シャッターが交互に高速開閉することで「両眼視差」が生まれます。
その「両眼視差」の映像が、人間の脳内で立体像:3D映像として見ることができるのです。

3Dフォーマット

3Dフォーマットとして、ブルーレイ3Dなどの「フレームパッキング」や、放送などに使われている「サイドバイサイド」、「トップアンドボトム」などの様々なフォーマットに対応します。

フレームパッキング
サイドバイサイド
トップアンドボトム

D-ILAならではの高画質

本機は、120Hz駆動とD-ILAならではの「面一括書き込み」技術により、明るく、クロストークの少ない高画質な3D映像を実現しています。

駆動方式:明るい3D

「順次駆動方式」はクロストークの原因となるR(右目用映像)とL(左目用映像)の切り替え映像(RとLが混ざった映像)が発生。クロストークを抑えるために3Dメガネのシャッターを長く閉じる必要があり、映像が暗くなり輝度が低減します。
一方、「面一括駆動方式」は一括で映像を書きこめるため、3Dメガネのシャッターが開いている時間が長くでき、明るい3D映像を実現しています。

クロストークの少ない3D

「順次駆動方式」は、輝度を上げようとするとRとLの混ざった映像が映し出されクロストークが発生します。
一方、「面一括駆動方式」は、一括で映像を書きこむため、明るさをキープしながらクロストークの少ない高画質な映像を実現します

クロストークキャンセル

左目用と右目用の映像信号を解析し、クロストークの発生しやすい明暗差を独自のアルゴリズムで補正することによりクロストークを大幅に軽減することが可能です。自然でクリアな映像は目にも優しく、より高画質な3D映像をお楽しみいただけます。

<クロストークキャンセル:OFF>
<クロストークキャンセル:ON>

※効果をわかりやすくするためのイメージです。

視差調整機能

個人差がある視差に対応し、左目用の映像と右目用の映像の左右方向を調整(視差調整)することで、違和感の少ない、より自然な立体感を実現します。

視差調整機能:低
視差調整機能:高

オプション

RF(電波)方式
3Dメガネ
PK-AG3
充電式 約38g 連続使用100時間
2Dモード機能搭載
使用範囲10m(エミッタ—から半径)
WxHxD(mm) 170x40x165
希望小売価格:15,000 円(税抜き)


3Dシンクロエミッター
PK-EM2
ワイヤレス(本体直接接続) 約20g
WxHxD(mm) 48.9x14.5x65
希望小売価格:10,000 円(税抜き)


3D視聴に関するご注意


・3D映像をご覧いただくには、別売の3Dシンクロエミッターと3Dメガネが必要です。また、3D映像(市販ディスク等)と3D対応再生機、もしくは3D映像出力機器が必要です。
・3Dの見え方には個人差があります。
・体調がすぐれない時、3D映像を視聴中に疲労感・不快感など異常を感じた場合には、3Dの視聴は中止してください。
・3D映像の視聴年齢については、視覚機能が発達し終える、およそ5~6歳以上を目安にしてください。
・3D視聴の際には、取扱説明書の「安全上のご注意」をよくお読みください。