JVC

Sport x JVC
profile

安藤 梢

栃木県宇都宮市出身の女子サッカー選手。2011 FIFA女子ワールカップ ドイツ大会で初優勝を成し遂げたなでしこジャパンのメンバー。現在、ドイツ女子ブンデスリーガ・SGSエッセン所属。ポジションはフォワード。
栃木県立宇都宮女子高等学校を経て筑波大学。筑波大学大学院博士後期課程に進学。
著書: 世界でたたかうためのKOZUEメソッド

「アプリ体験記」 JVC Run & Music

安藤 梢選手 今回は私が使用しているJVC Run & Musicのレポートを紹介します。走りたいペースに合わせて最適な曲が提供されて快適にランニングトレーニングが出来るとっても便利な無料アプリです。アプリが自動的にBPMを解析してくれるので操作はとっても簡単。自分にあったテンポを利用するのにたくさんの曲をスマホに入れておくことをおすすめします。

安藤 梢選手
さてアプリをインストールして、BPM解析が出来たら走る前の準備です。最初に目標を設定します。走る時間でもセットできますが今回は距離を10㎞にしてみました。私に合うのは最初はゆっくりウォーミングアップで90BPM。中盤は自分のリズムにあったペースで130BPM。後半にピッチをあげて150BPMに設定します。
ランニング中は、ランダムに選曲されるけど聞かない曲はあらかじめ除外して最後のスパートでお気に入り曲「Something Just Like This (The Chainsmokers & Coldplay)」を設定します。

安藤 梢選手 設定が終わったらスタートをタップして音楽と同時にランスタート。最初はゆっくりのBPMでウォーミングアップしてカラダを慣らしていきます。
少しカラダが暖まってきた頃、設定したとおりのBPMの曲が流れてきました。音楽に合わせて自分の走りも自然とアップするのが不思議です。自分のリズムに合った音楽にあわせて走るのってすごく気持ちいい!スキップして違う曲も試してみたりして。音楽と一体になってランニングを楽しめてる感覚です。
スマホを見ると走行距離はちょうど5㎞地点。ペース配分も無理なくいい感じです。スマホで途中経過が見れるのもとても便利。区間ごとに目標タイムを設定すると音声で順調かどうか通知してくれる機能もついているんですよ。

安藤 梢選手 しばらく気持ちよく走っていたら、次の曲から音楽テンポが速くなりました。さらにペースアップです。少しキツくなってきたけど音楽と軽快なピッチで思いのほか気持ちよく走れてます。設定したお気に入り曲が流れてテンションもアップしてきました。音楽の力ってすごい!お気に入りの曲で一気にダッシュして10㎞完走します!

安藤 梢選手 設定した10㎞でランニング終了。今回とても気持ちよく走れたのでランニング結果を保存してプレイリストにします。次回はこのプレイリストを使ってピッチコントロール機能で少しペースを速めたトレーニングにトライしてみよう。スピードアップが狙えるかも。

安藤 梢選手
ランニング後は、AEをマグネットで首にかけてクールダウンのためのストレッチ。そういえば高ピッチで走ってもイヤホンが全然外れてなくってびっくり。最後まで音楽もよく聞こえていたのはAEが耳にしっかりフィットしていたからかな。たくさん汗をかいたので水道水でしっかり水洗いしておきます。
profile

安藤 梢

栃木県宇都宮市出身の女子サッカー選手。2011 FIFA女子ワールカップ ドイツ大会で初優勝を成し遂げたなでしこジャパンのメンバー。現在、ドイツ女子ブンデスリーガ・SGSエッセン所属。ポジションはフォワード。
栃木県立宇都宮女子高等学校を経て筑波大学。筑波大学大学院博士後期課程に進学。
著書: 世界でたたかうためのKOZUEメソッド