「上手くなる」コツをつかめ!LESSON METHOD!

雑誌掲載情報 MAGAZIN ARTICLE
OCARINA ARCHIVES

レッスンマスターでオカリナライフをもっと楽しむ! for Ocarina

Ocarina奏者の小山京子さんをはじめ、多くの方から「機械が苦手な私でも使いやすい」と好評のJVC「レッスンマスター」。
ここで、レッスンマスターの魅力をおさらいしてみましょう!

Ocarina Ocarina vol.8
(アルソ出版)掲載情報
PDF版ダウンロード
続きを見る
レッスンマスターってなに?についての説明 OCARINA練習に役立つ昨日の紹介 簡単操作 大きくて見やすい文字 日本語表記 独立ボタンでワンタッチ操作 すぐ使いたい人も安心のかんたんガイド付属レッスンマスターってどんなことができるの?についての説明 高音質で録音と再生ができる メトロノームとチューナーを内蔵 音程を変えずに再生速度を自由に変更できるレッスンマスターの3つのたいぷについての説明 軽量でコンパクトなXA-LM1とXA-LM3 編集部イチオシのRD-R2は迫力の大音量再生で録音をその場で確認できる 重ね録音ならXA-LM3とRD-R2 RD-R2はラジオも付いてる

レッスンマスターでオカリナライフをもっと楽しむ! for Ocarina

オカリナ vol.6で紹介してから、使いやすいと大好評のポータブルデジタルレコーダー、JVC「レッスンマスター」。
今回は「RD-R2」を実際に使用して、その特徴と練習での活用術をご紹介します。
オカリナの練習がもっと楽しく、効率的になるレッスンマスターを、ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか。

Ocarina Ocarina vol.7
(アルソ出版)掲載情報
PDF版ダウンロード
続きを見る
そのままの音を残す・キレイな音で聴く
実際に録音してみよう!カンタン録音♪録音ボタンを押す(録音待機状態になります)→もう一度録音ボタンを押す(録音ランプが赤く点灯し、録音スタート)→停止ボタンを押す(録音ランプが消え、録音終了)RD-R2 コンパクトながら迫力のスピーカー再生力を備えているのでアンサンブル練習に最適。レッスンマスターの基本機能に加え、離れた場所からでもスタートできるカウントダウン/ハンドクラップ・スタート機能や、FMラジオも搭載。 マイクはココ! この高感度広帯域ステレオマイクと、リニアPCM録音対応によりCDを超える高音質フォーマットでの録音が可能。 さっそく聴いてみましょう! 再生ボタンを押すだけで、今録った音が再生されます。 迫力のスピーカー再生! 大音量で再生しても、クリアな音で聴くことができます。個人での練習も、みんなとのアンサンブル練習も、録ったその場ですぐに確認できます。
練習機能を活用しよう!

レッスンマスターには、チューナーやメトロノームなど、練習に役立つ多くの機能が内蔵されています。これ1台あるだけで、レッスンや練習で活用できます。

メトロノーム
メニューボタンを押し、メトロノームを選ぶだけ

チューナー
メニューボタンを押し、チューナーを選ぶだけ

トレーニング1 ゆっくりから練習する!

スピードコントロール機能を使えば、曲の音程はそのままでテンポだけをゆっくりにして再生できます。運指が難しくて指がまわらない場合、例えば『ムーンライトセレナーデ』のソロの部分が難しい時など、まずは遅めのテンポで練習しましょう。

曲の再生中に「キー/スピード」ボタンで自由にスピードを調整できます。

トレーニング3 苦手な部分だけを繰り返し練習する!

A-B 区間リピート機能を使って、曲の中で自分の苦手な部分を繰り返し練習しましょう。


曲の再生中に、繰り返しの始点でA-B ボタンを押し、さらに終点でもう一度A-Bボタンを押せば、指定した部分が繰り返し再生されます。スピードコントロール機能と組み合わせれば、さらに効率的な練習が可能になります。


トレーニング2 キーを下げてラクに吹く

高音域、低音域など出しづらい場合は、キーコントロール機能※を使いましょう。例えば『グリーンスリーブス』の曲中に出てくる高音のF を出すのが難しい場合、キーコントロール機能を使って、現在のキー(G マイナー)の短3度下のE マイナーに変換してみましょう。その場合、調子記号は♯が1つ付くことになります。楽譜は各自で書き換えてみてください。きっと移調の知識も身に付くはずです。変換後は最高音がDになり、運指も比較的ラクになります。Eマイナーのキーに充分慣れたら、元のキー(Gマイナー)に戻して再度チャレンジしてみましょう。

メニュー→機能/設定→再生設定→キー/スピードを選び、キー(半音または1/10半音)に設定します。あとは曲の再生中に「キー/スピード」ボタンで自由にキーを調整できます。

※:XA-LM3、RD-R2のみの機能

トレーニング4 カラオケ音源に、自分の演奏を重ねて録音してみましょう。

カラオケ音源を選び、曲を再生します。「重ね録音※」ボタンを押すと、録音ランプが点滅し録音待機状態になります。もう一度「重ね録音」ボタンを押すと、録音ランプが点灯し曲の頭から重ね録音がスタートします。停止ボタンを押せば録音終了です。

自分の演奏のチェックだけでなく、ちょっとしたデモテープとしても使えるので、あなたの演奏をみんなに披露してみてはいかがでしょう。

さらに高度な活用法として、付録の楽譜以外に自分のオリジナルソロをつくってみましょう。RD-R2で再生するカラオケに合わせて自分のソロを吹けるようになれば、さらに楽しみ方が広がりますよ。

レッスンマスターを使って効果的な練習 for Ocarina

オカリナがうまくなりたい…けれど練習は何をしたらいいのか。
今はただなんとなく曲をさらっているだけ……。
そんな方にぜひ一度使ってみてもらいたいのが、JVC「レッスンマスター」だ。これは「機械は苦手」という方のために設計された、誰でもすぐに使える音楽練習用レコーダー。一台あればオカリナ練習がグンと楽しくなること間違いなし! 今回オカリナ奏者の小山京子さんがレッスンマスターを愛用しているという情報をキャッチ。その使いやすさについてうかがった。

Ocarina Ocarina vol.6
(アルソ出版)掲載情報
PDF版ダウンロード
続きを見る
使いやすくて即購入しました!

─レッスンマスターに出会ったきっかけは?
小山 70歳くらいの生徒さんに、「これすごくいいですよ」って勧められて。実際に使ってみたらとても使いやすくて、すぐに自分でも買いました。最初に見せてもらったとき、これは誰でも使える、画期的だなと思いました。

小山京子さんのお気に入りポイント
わかりやすい!
軽くてコンパクト
練習に役立つ!
オカリナをもっと楽しむ
テレビのリモコンみたいにパッと見ただけで使える

─小山さん自身は機械に強いほうですか?
小山 強くはないです。モノ自体は好きなんですけど使いこなせないんですよ。でもレッスンマスターはパッと見ただけでだいたいの操作方法がわかるのですぐに使えました。感覚的にテレビのリモコンみたいな感じ。

─生徒さんは高齢者の方が多いそうですね。
小山 そうですね。だからこそお勧めしています。普通の機械製品だと「ちょっと難しいわよ」と言われてしまうのですが、これは使いやすさがいろいろと考えられていて、やさしい設計だなと感じます。どんどん広まって、とあるクラス(10人くらい)では全員が持ってます(笑)。

レッスンマスター機能説明