ホーム > ビジネス向け製品・サービス > 音響システム(放送設備・音響機器) > 非常・業務用放送設備 > EM-1500シリーズ

EM-1500シリーズ | 主な特長

高効率・高音質を実現するデジタルパワーアンプ

新開発のデジタルパワーアンプを3モデル(EM-A942D/EM-A932D/EM-A922D)を用意しました。

非常用放送設備対応

日本消防検定協会評価品。高機能保護回路の搭載により、過大入力・過負荷などを検出した場合、出力を停止してシステムを保護し、安定稼動を実現します。

新機能
最大3台までの並列接続に対応

3台までのデジタルパワーアンプを組み合わせ、定格出力180Wから1,080Wまで、90W刻みで多様な負荷容量※1のシステムに対応できます。また、内部アンプを並列運転する際、アンプ背面の入力部の“渡り配線”を使わず、ディップスイッチ化したことで施工性をアップしました。

※1 180W/270W/360W/450W/540W/630W/720W/810W/900W/990W/1,080W

消費電力60%以上ダウン※2

定格出力の1/8(45W)※3時の消費電力が、アナログパワーアンプに比べて60%以上ダウン※2。同時に、CO2の排出量も大幅に削減しました※4

※2 当社アナログパワーアンプEM-A364と、新開発デジタルパワーアンプEM-A942Dの比較
※3 世界標準規格IEC60065に準拠した通常稼動状態:BGMなどを歪み無く常時放送できる出力レベル
※4 CO2排出量は消費電力に比例するので、消費電力削減率とCO2削減率は同じ値となります


高音質化を実現する低歪み設計

新開発デジタルパワーアンプEM-A942Dは、1W~定格出力において0.1%以下の低歪率を実現。特に5W以上の出力においては当社従来モデルEM-A842Dと比較し、1/3~1/16以下と大幅に改善し、高音質化を実現しました。


省スペース化を実現

新機能
高効率の電源供給システムを搭載

新開発の非常業務予備電源ユニットEM-N152は、内蔵のバッテリー1本でパワーアンプ2台に電源供給が可能です。また、システムに供給できる電源容量が増えたので、従来の追加DCユニット(EM-P22)が不要になりました。モードを切り換えることにより、業務用バッテリーを内蔵できるため、停電時の業務放送にも対応できます。


省スペース化

新たな電源供給システムの採用によりシステムを効率化。ラック本数を削減でき、スペースを有効に活用できます。


多棟システムをシンプルに構築可能

機能を特化した集中リモコン方式を採用。より低コストで多棟システムの構築が可能です。

全棟一斉式集中リモートマイクユニット TZ-51536

標準で8棟まで対応し、オプションで9棟以上にも対応可能。全棟非常一斉と全棟一斉の放送に特化し、棟ごとの放送は非常業務遠隔操作器EM-C154との組み合わせにより可能にしたことで、低コスト化を実現しました。
EM-900シリーズ、EM-1000シリーズとの混在システムも構築可能です※5

(マイクロホンは別売) *受注生産


非常業務遠隔操作器 EM-C154

液晶表示を省き、4Uサイズに縮小したことで低コスト化を実現。あらかじめ20回線分の回線選択ボタンを装着しています。また、回線表示部を分割できる構造のため、棟ごとの非常操作部のみを集中してラックマウント可能(多棟システム時)。
EM-900シリーズ、EM-1000シリーズにも対応し※5、既設ラック防災との多棟システムの構築が可能です。

※5 2016年1月頃対応予定



zoom
*集中リモートマイクユニットを含むシステム構成であることを、あらかじめ所轄消防署に相談することをおすすめします。

無線機との連動を実現

無線機との接続により、無線機からの通話を拡声放送できるので、避難・誘導しながら放送が可能です。


zoom

新たな機能、使いやすさを追求した改善ポイント

回線の状態がひと目で分かる「個別作動表示機能」を搭載

本体放送のスイッチ操作時の表示だけでなく、外部起動で動作しているときも点灯するので、動作状況がひと目で分かります(単元放送および単独回線固定時のみ)。

RB出力異常検知機能

信号ラインの短絡などで内部の保護回路が働いたときは、非常業務操作器EM-E156の液晶表示部に異常を表示します。

インピーダンス測定機能

スピーカー回線の誤接続や負荷を簡易的に測定する機能を搭載。設置接続時やスピーカー回線工事時に役立ちます。

リニューアルに便利な「設定データ移行ツール」を用意

当社のEM-900シリーズからの入替えに便利な、設定データの移行ツールを用意しています。

その他の特長

緊急地震放送の優先放送が可能※6

JEITAの『緊急地震速報に対応した非常用放送設備に関するガイドライン』に適合。非常放送より優先した緊急地震放送を可能とし、停電時には非常用バッテリーを使用することができます。

*業務放送扱いの「猶予時間放送」や「カウントダウン放送」も対応の端末からの音声入力で可能です。
※6 別途、緊急地震速報端末との接続が必要です。


停電時の業務放送に対応

オプションユニット(非常業務予備電源ユニット、バッテリー)の追加により、地震・落雷などで停電が発生しても、業務放送として避難誘導や館内放送を行えます。

業務メッセージを20種類内蔵

「緊急地震速報」「省エネ」「火災防止」などの業務メッセージ、および「ウエストミンスターチャイム」などの電子音チャイムをあらかじめ20種類内蔵。また、最大45メッセージまで登録可能です。

●USB端子を搭載。パソコンで設定したデータの放送設備への転送や、動作履歴/異常履歴などのパソコンへの取り込みが可能。
●緊急優先速報時に、ローカル放送を遮断可能。
●標準システムで最大320回線まで対応。
●初めて操作する人の練習に便利な「操作練習モード」を搭載。