ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ヘルスケアシステム > 医用画像表示モニター > CL-S200

病理用画像表示モニター

CL-S200

200万画素 21.3"カラー液晶モニター

CL-S200


オープン価格※

21.3型モニター


zoom

※オープン価格の製品はメーカー希望小売価格を定めていません。

モノクロ画像を忠実に再現

当機は、搭載されたカラーフロントセンサーと同梱の機能制限版精度管理ソフトウェア(QA Medivisor Agent LE)を使用することで、輝度および階調に加え色度の簡易校正が行えます。モノクロ画像診断時にDICOM Part14で定義されるグレースケール階調を経年変化に影響されることなく高精度に再現することができます。


安心の工場品質

当機は、正確な階調表示に加えて、当社独自のXYZトラッキングを含むカラーマッチング技術により、個体差なく品質管理され工場から出荷しています。そのため、同一機種であれば設置時に自由な組合せでペアリングが行えます。さらに、個体差がないことから遠隔地とのペアリング運用も可能です。


読影診断をサポート

当社独自機能のダイナミックガンマ(特許第6277984号)は、画面内に混在するモノクロ画像とカラー画像をピクセル単位で自動的に識別し、それぞれの画像を最適な階調でリアルタイムに表示します。従来機より、超音波/内視鏡/病理/核医学といった様々なカラー画像での視認性が向上し、業務の効率化に貢献します。

[ ダイナミックガンマ 機能イメージ]

目のストレス(疲労)を軽減

オートテキストモードは、レポートや患者リスト等のアプリケーションに含まれる白色表示面積に応じて自動的に画面輝度を調整することにより、診断時の目のストレス(疲労)を軽減します。動作時には、効果の度合いを示すインジケーターを画面上に表示します。

[オートテキストモード 機能イメージ]

精度管理ソフトウェア

個々のモニター表示品質を維持管理するための、キャリブレーション/受入試験/ 不変性試験/DICOM 適合性試験等を各種ガイドラインに即して 一元的に行う新アプリケーションソフトウェアです。モニターの品質状態が一目でわかる情報表示アイコンなどユーザビリティに配慮し、直感的な操作が可能なインターフェイスを採用しました。さらに、各種機能を自動実行するスケジュール設定など、保守にかかる負荷を低減するための多彩な機能を搭載しています。
※CL-S200/CL-S300 には、機能制限版のQA Medivisor Agent LE を同梱しています。受入試験/不変性試験を行うためには、キャリブレーションキットCAL-016 が必要になります。


セルフキャリブレーション

QA Medivisor Agentにより設定した日時に、画面上に搭載されているカラーフロントセンサーにより簡易キャリブレーションを自動実行することができます。さらに、実行履歴はQA Medivisor Agentで一元管理することができます。
※同梱のQA Medivisor Agent LEを含む


設置時の作業負荷を軽減

工場出荷時に(一社)日本画像医療システム工業会の規格「医用画像表示モニタの品質管理に関するガイドラインJESRA X-0093」の受入試験を実施し、 「出荷試験報告書」を同梱しています。お客様がモニターを設置する際の品質管理作業の負担を軽減します。また、出荷試験データを当機に取り込むことにより、 ワークステーション交換時やモニター組替え時の受入試験データの移行作業を軽減できます。

安心の5年間無償保証

ご購入から5年間の長期無償保証をお付けしています。

※保証内容および保証条件は、当社保証規定によります。
詳しくは保証規定をご確認下さい。


「読影作業への集中」と「モダリティ機器との調和」

フラットでシンプルなデザイン
画面の見やすさに配慮し、正面から見える部分を黒に統一しました。ベゼルと画面の段差を減らすことで、1 枚のフィルムを見ているかのようなデザインに仕上げました。


LEDインジケーター/フロントキー
フロントキーは表示画面から極力離れた位置に配置し、さらに、柔らかな光を放つLEDインジケーターを採用することにより、作業集中の環境作りに配慮しています。



省スペース
キーボードの収納も考慮した上で、安定感を維持しつつ、スタンドベースを25%(従来機種 との面積比)小型化しました。さらに、本体およびスタンド構造を全面的に見直すことで、机上空間を拡張させました。


背面デザイン
背面色はモダリティ機器にあわせたグレイッシュホワイトを採用しました。設置環境と整合のとれた空間を創出します。

ワイヤマネジメント/ デイジーチェーン
DisplayPort1.2a 対応の入出力端子により、デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続が可能 です。ケーブルへの負荷を低減する大型のワイヤーホールを採用することで、モニターの 昇降や左右回転時もスムースになり、すっきりとしたワイヤマネジメントを行えます。