ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 導入事例アーカイブ > 大間々町町立図書館様

大間々町町立図書館様

電子図書館導入事例

大間々町立図書館 様
群馬県山田郡大間々町大字大間々1332-3(2002年4月オープン)
URL http://www.town.omama.gunma.jp

効率的かつ良質なサービスを求めて、各種メディアの視聴が可能


DVD、インターネット、CD-ROM等情報機器の導入目的

CD-ROM、インターネットが楽しめる情報スペース。

一般住民の新しいニーズに応える開かれた図書館として、情報発信基地の機能を果たすためにも、まだ一般家庭に普及しているとはいえないDVD、CD-ROM等を所蔵し、利用者が簡単に活用できるようにしたい。また、DVD、CD-ROMは、多くの情報が収録されているので、新しい図書館にはぜ導入したいメディアです。


電子図書館システムの導入理由

タッチパネル付きの映像ブース。

(1)利用者にとって、操作が簡単で、見たいものがすぐに検索でき、選べること。映像ブースのタッチパネルは特に好評。
(2)職員数が少ないので、効率的かつスピーディーなサービス運営ができるシステムを求めていました。その点、電子図書館システムは、ほとんど職員の手を煩わせることなく運営できるので、重宝しています。
(3)映像ブースと情報ブースを分けたいという考えを反映させながら、チェンジャー1台の経済的なシステムを構築してもらえたこと。
(4)チェンジャーを使ってDVDやCD-ROMの収納スペースが節約できたので助かりました。


利用状況

DVD=小学生低学年の利用が多く、平日・土日問わず、常に利用されている。特に土日は、順番待ちの状態です。
インターネット=子供から大人まで、幅広い年齢層で利用されています。


親子でインターネットを体験。
サーバールームのCD-ROM/DVDチェンジャー

導入効果

図書館の利用者増に確実につながっています。


今後の予定

システムの増設(映像ブース、情報ブース)を図りたい。


当館は、町役場のそばにあった旧図書館を発展的に解消し、わたらせ渓谷鉄道の大間々駅前に2002年4月1日に新設されました。旧図書館にはなかった電子図書館システムをAVコーナーに導入し、DVD、CD-ROM、インターネットの視聴が可能になったことが最大の特長で、新しい住民サービスが実現しました。
(館長 都所 悟 様)


システム図


納入協力:株式会社図書館流通センター様