ホーム > ビジネス向け製品・サービス > ビジネスソリューション業種別導入事例 > 導入事例アーカイブ > SUPER ARENA佐久平店様

SUPER ARENA佐久平店様

アミューズメントご提案 映像システム

電子情報掲示板システム インフォアクティブ導入事例

SUPER ARENA佐久平店 様(運営:千石綜合観光株式会社 様)
(長野県佐久市)

サービス競争に威力を発揮する160インチ大画面と各種の情報発信
大画面・音・光・出球が売りの大規模スロットマシン専門店

SUPER ARENA佐久平店様は、県下最大のスロット専門店(336台)として、2005(平成17)年12月28日、長野新幹線・佐久平駅前にオープンしました。

店作りのコンセプトは、大画面映像・音・光・出玉の4点をセールスポイントにして、競争の激しいこの世界で勝ち抜いて行くことでした。

特に160型の大画面映像にこだわった理由は、他店に無いような、映像によるきめ細かいサービスを提供することで差別化を図ることにありました。

きめ細かい映像サービスとは、オリジナルで制作したソフト(店内のサービス案内や各種インフォメーション)の提供、各種スポーツイベント(野球、サッカー、プロボクシング、大相撲など)のライブ映像を、ダイナミックに提供しようというものです。

スーパーアリーナ 佐久平店 様
広々とした店内

インフォアクティブ導入理由

動画・静止画・スクロールテキストの多彩な情報が同時表示でき、160インチの大型画面が活かせるということが、同店の重要なコンセプトの一つである『大画面映像による情報提供』に当てはまることから、採用が決まりました。

160インチの大スクリーン
提供情報の作成は事務所のパソコンで
動画・静止画・スクロールテキストを同時に表示

アシスタントディレクター 清水 洋和 様 のお話

大画面プロジェクターによる情報提供は、お客様からは大好評です。160インチという大画面だけに、画面付近のお客様はもちろんのこと、離れたコーナーのお客様も、各種の情報を時々見ながらゲームを行っておられます。

また、大きなスポーツイベントの放送では、大画面の迫力にゲームを忘れて楽しんでいる方もいらっしゃるくらいです。

『インフォメーション+テレビ放送+スクロールテキスト』表示が、サービスの向上に必ずつながるという、当初の狙い通りになっています。