2004年8月24日
2005年4月11日一部改訂

日本ビクター株式会社

VHS&HDD&DVDビデオレコーダー「DR-MX1」ご愛用のお客様へ


  日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。 

  この度、弊社製 VHS&HDD&DVD ビデオレコーダー「DR-MX1」の一部生産品 (2004年7月より発売中 ) において、ソフトウェアの不具合により、ローディング表示が出続けるなど、操作ができなくなる場合があることが判明しました。

  つきましては、バージョンアップ用のソフトウェアを用意いたしましたので、該当の「DR-MX1」をお持ちのお客様は誠にお手数ではございますが下記フリーダイヤルまでご連絡いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

  お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
  何卒ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

このバージョンアップにより 2004年7月28日にご案内いたしました「番組タイトルの漢字変換実行時に電源が切れる」という不具合も修正されます。

1. 対象機種
「DR-MX1」の一部生産品
   
2. 症状

ローディング表示が出続け、操作できなくなったり操作途中で止まる等、取扱説明書通りの操作ができない場合があります。 
(但し、正常でも電源投入時やリセット時には約50秒間ローディング動作に入ります)

   
3. バージョンアップ対象品の見分け方
お手数ですが、以下の【バージョンアップの要否】をご確認いただき、お使いの「DR-MX1」にバージョンアップが必要か否かをご確認下さい。
 
【バージョンアップの要否】
「DR-MX1」背面図
製造番号:129***** → 必要
製造番号:139Z**** → 必要
製造番号:13970001〜13972000 → 必要
上記製造番号の内 丸い印が付いているもの
又は黄色いシールが貼られているもの(対策済)
→ 不要
製造番号:13972001 以降(対策済) → 不要

「DR-MX1」背面パネルの製造番号部をご確認下さい。

@  製造番号が“129”か“139Z”から始まっている商品
A  “13970001〜13972000”の範囲の商品
はバージョンアップが必要です。
但し、@、Aに該当していても、製造番号の右横に丸印が付いているか、又は黄色いシールが貼ってあるものは対策済み商品ですのでバージョンアップの必要はありません。

製造番号が上記に該当しない商品もバージョンアップの必要はありません。


4. バージョンアップの方法

本体の制御ソフトを専用ディスクにてバージョンアップすることで、前述の不具合が発生しないように改善されます。
バージョンアップのご対応については、以下の2つの中からお選び下さい。

   
1) バージョンアップ用ディスクの送付

お名前とご住所、電話番号をご連絡いただければ、弊社よりバージョンアップ用ディスクを送付させていただきます。
そのディスクを本機に挿入し、マニュアルに従って操作を行い、バージョンアップをお願いいたします。
尚、バージョンアップが上手く行かない場合、弊社サービスへご要請をお願いいたします。

   
2) 弊社サービスへのご要請

ご要請いただければ弊社サービスマンが伺い、バージョンアップさせていただきます。
お名前とご住所、電話番号をお知らせください。折り返しお近くのサービスセンターよりご連絡をいたします。


<お客様お問い合わせ先>
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター

・固定電話からは、フリーダイヤル

フリーダイヤル 0120-2727-87

・携帯電話・PHSからはナビダイヤル

ナビダイヤル 0570-010-114

・一部のIP電話などフリーダイヤル、ナビダイヤルがご利用できない場合は

045-450-8950

電話番号を良くお確かめの上、おかけ間違いのないようご注意ください


営業時間

月曜日〜金曜日 9:30〜18:00/土曜日 9:30〜12:00、13:00〜17:30
(日曜日、祝日、弊社休日は休ませていただきます)


・弊社サービスセンターの住所、連絡先の検索は、【ココ】をクリックしてください。

お客様の個人情報のお取り扱いについて
ご相談窓口におけるお客様の個人情報につきましては、株式会社JVCケンウッド(以下当社)および当社グループ会社にて、下記の通り、お取り扱いいたします。
<情報の利用目的>
  ・お問合せへの対応  ・修理およびその確認連絡
<情報の保管>
  お客様の個人情報は、適切に管理し、当社が必要と判断する期間保管させていただきます。
<情報の提供・ 開示 >
次の場合を除き、お客様の同意なく個人情報を第三者に提供または開示することはありません。
上記利用目的のために、協力会社に業務委託する場合。
 当該協力会社に対しては、適切な管理と利用目的外の使用をさせない措置をとります。
法令に基づいて、司法、行政またはこれに類する機関から情報開示の要請を受けた場合。
<お問合せ窓口>
  お客様の個人情報に関するお問合せは、ご相談いただきましたご相談窓口にご連絡ください。