Loading...
JVC
JVCヘッドホン総合情報サイト「Draw your sounds!」

Draw your sounds!

音楽の旅

VOL.
11
   ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」 2018.February

ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」
試聴する

2月の一大イベントといえば、一般的には“バレンタイン”だろう。 恋人や家族と共に充実した時間を過ごしている方が多いかもしれない。そこで今回は、この時期にふさわしいラヴソングを採り上げよう。2012年に他界したホイットニー・ヒューストンの「そよ風の贈りもの」(原題:Whitney Houston)だ。

幼少の頃から聖歌隊で歌い、母親の指導で歌唱力を磨いたホイットニーのデビューは、1985年。アリスタ・レコードの社長兼プロデューサーであるクライヴ・デイヴィスに スカウトされたことがきっかけだった。デビュー作「そよ風の贈りもの」で聴ける類い稀な美声と声域の広さ、バラードにおける表現力の豊かさなどから、彼女はたちまち時の人となる。

続く87年のセカンド作「ホイットニーII~すてきなSomebody」では、チャート初登場1位を記録。これは女性歌手では初の快挙であった。さらにケビン・コスナーと共演した1992年の初主演映画「ボディガード」も世界的に大ヒット。早くも絶頂期を迎え、順風満帆な歌手生活を送り始めたところだった。

ところが92年の結婚以降不遇な時代が続き、08年には久しぶりとなるニューアルバムを発表しいよいよ本格的な復帰かと期待が膨らんだが、2012年2月に不幸な事故で帰らぬ人となった。48歳という若さだった。

ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

「そよ風の贈りもの」は、全10曲を4人のプロデューサーが分担している。内訳は、マイケル・マッサーが4曲、ジャーメイン・ジャクソンが3曲、カシーフが2曲、ナラダ・マイケル・ウォルデンが1曲で、シングルカットされた「すべてをあなたに」「恋は手さぐり」「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」の3曲がチャート1位を獲得した(当時の日本盤はオリジナル・ジャケットとは異なり、ワンピースの白い水着を着た写真に差し替えられた。また、LPのA/B面も米国盤とは逆である)。

さて、抜群の歌唱力を有したホイットニーの魅力を存分に堪能するべく、今回選んだCLASS-Sのイヤホンは、新製品の“SOLIDEGE 01 inner”「HA-FD01」だ。剛性の高いフルステンレスボディが、ホイットニーの伸びのある高音域をスムーズに再現してくれることだろう。

また、カーボンコーティングのPET振動板 に、DLC(ダイアモンドライクカーボン)コーティングのPENドームユニットを組合せた「DLCドームデュアルカーボン」振動板が、往時のダンサブルなビートを力強く繰り出してくれることを期待したい。

ホイットニー・ヒューストン「そよ風の贈りもの」

ナラダ・マイケル・ウォルデンがプロデュースした「恋は手探り」は、シンセサイザーの力強いビートが特徴のダンス・チューン。ホイットニーはその躍動的なリズムに乗ってソウルフルに熱唱する。たっぷりとした低域の量感は、「HA-FD01」の ステンレスボディのおかげで、まったく危なげなく濃密に再現された。

「すべてをあなたに」は、マイケル・マサーがプロデュースしたしっとりとしたバラード。ホイットニーの表現力の豊かさが存分に発揮され、スウィートでメロウな雰囲気が横溢している。サビの部分の透明感の高い声は、DLCコーティング振動板の持味が効いていそう だ。ソリッドという名称が付いているが決して硬くはなく、実に細やかで滑らかな声に感じる。

極め付けは 「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」。ホイットニーの面目躍如たるドラマティックな構成をスケール感豊かに再現してくれた「HA-FD01」に 、私は正直いって少々驚いた。インナーイヤホン用の11mm径 のドライバーから、ここまで重厚かつ立体的な音が再現されるとは思っていなかったからだ。ストリングスの優美なハーモニーとリズムセクションの堅実なサポートを背に、ホイットニーは朗々と歌い上げる。天才歌手の早過ぎる死が惜しまれてならないと感慨深い 、これは永遠のラヴソングである。